高雄から台中行く途中、台南に一瞬寄って観光してきたけど、新幹線が止まる『高鉄台南駅』と在来線の『台南駅』は全く別物だから注意しろよ!

スポンサードリンク

高雄の蓮池潭で昼すぎまで遊んで、今日の夜は台中のホテルで一泊する予定。

台中に行くなら台湾を縦断旅行的に予定なかった台南に行ってみよう。ってなりまして、乗り放題の台湾高鉄(新幹線)で台南に行って当てもなくブラブラしていました。ガイドブック片手に「ここ行ってみようぜー。」的な完全無計画旅行です。

 

注意点!

ここでミスっちゃったのが、台湾高速鉄道が停車する『高鉄台南駅』と在来線の電車が停車する『台南駅』は全く別の駅で、ほんとーーーーーやばかった。予定よりも相当遅くなったし、帰りも危なく、危うく台中にいけないところでした。。。

高鉄台南駅のインフォメーションのお姉さん、めっちゃありがとう。助かりました。メッチャ可愛かったー。

ここからバスに乗って移動しました、高鉄台南駅からは無料バスです!2番出口を出てすぐのところです。こちらはその時刻表ですが、路線変更や行き先が違う無料バスもあるみたいなので、要注意です。

IMG_6869

IMG_6868

 

私は乗るときに運転手のおじさんにここまで行きたいって、ガイドを指差して申し出ておきました。そしたら、d(ゝc_,・。)OK♪OK♪って言ってくれたので、そのまま乗車。ご心配の方は駅のきれいなおねいさんに前もって聞いておきましょう、何番乗り場で何番のバスに乗るの?って。

台湾の人、みんな親切ぅ~。

 

●こっちが台湾高速鉄道が停車する『高鉄台南駅』沙崙駅(併設)(wikipediaへリンク)

1280px-THSR_Tainan_01

高鉄台南駅構内

 

台南駅

台南駅

両者の位置関係はこちら

この駅でどっちの方向の電車に乗っていいのかわからなさすぎて、ヤベーヨヤベーヨ、ホテル着けないよ。。。o(・_・= ・_・)o キョロキョロしていたら、男前の台湾のお兄ちゃんが

「ここに行きたいの?違うよ、逆だよ。あっちのに乗ればいいよ」^^って教えてくれました。もちろん、日本語で。やべーよ台湾の人、好きすぎて故郷にしたい。。。

 

高速鉄動 台中駅

P1060698

こちらも次の帰宅の日、横っちょの案内所でご丁寧に紙に何番ホームの何時のに乗ったらいいって書いてくれました。

 

いい人たくさんでホント泣ける。。。

ちょっと注意してほしいことがあったので、それを書いてしまっていましたが、ここからが本題の旅行記です。(爆)

スポンサードリンク

台南観光は赤嵌樓、神農街、孔子廟くらい?そこまで時間かけなくてもいいかもだけどグルメはたくさんある(っぽい)

私が回ったのは、本当に回りやすい駅周辺のみ。赤嵌樓、神農街、孔子廟を順番にするっと回ったくらいです。在来のMRT台南駅まではバスで行って、そこからは歩いてぐるぐると回っておりました

 

スーパーかなんかの横っちょででっかい音でダンスパフォーマンスかカラオケかなんかやっているおばちゃま。そそる。

P1060596

 

小腹がすいたよ。

P1060580

 

駅周辺もオランダ統治時代から清時代の古い都市の風情をあちこちに残しており、ちょっとした繁華街に風格ある古廟なんかが溶け込んでいる感じ。台湾版の奈良・京都っていう感じでしょうか。

IMG_6877

 

もちろん、スマホのナビアプリがあるのでそれでちょちょいと検索しながらでしたけども、迷ったなぁ~。

おや?なんかやってる。

P1060582

 

台湾コスプレイヤーキタ━━━━━━\(゚∀゚)/━━━━━━ !!!!!

台湾コスプレ

 

 

ガイドブック片手にといいましたが、ほとんど情報がありませんでしたので、地図を頼りに本当にお店回って食べ歩いていたくらいです。

P1060608

 

泊まるところと目ぼしい観光先以外は決めてこなかったので、カフェでコーヒー飲みながら旅行計画を立てるのも楽しい。

IMG_6880
でも、電車の時間がせまっていて内心はメッチャビビッてましたよ、いろいろと。。

P1060612

 

夕暮れ時になっていい雰囲気になってきました。

P1060603

 

本当に一瞬よるだけの台南だったけど、苦労もあったしアレもあったので一生の記念になった場所になりました。

P1060630

 

相当な距離をバックパックとスーツケースを持って歩きまくった。。。2~3キロって距離じゃなく。。。

台南駅から『台湾高速鉄道の台南駅』(日本で言えば新幹線ね)に行って、そこから『台湾高速鉄道の台南駅』について、そこから 『台湾高速鉄道の台中駅』に向ったわけです。訳がわからんことかいてるけど、そういうことだ。

スポンサードリンク

もっと関連記事を読んじゃう

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ