高松駅前めりけんやの神対応!旅行の最後に相応しい讃岐うどん屋さんでした。この夏は極めてサッパリのぶっかけうどんとかけうどんダゼ。

スポンサードリンク

さあ、実はまだ終わっていなかった香川県高松を中心とした瀬戸内国際芸術祭旅行ブログですが、そろそろ終盤になってきました@もう3ヶ月経ってるよwww

 

 

こちらは瀬戸内国際芸術祭の小豆島1日コースからフェリーで高松港に着いた時点で、もうすでに夜の8時前。高松駅周辺の飲食店は居酒屋を除けばもう閉店しているような感じで晩御飯に困りました。
けども、フェリーの上でまだあいているうどん屋さんを検索していてかろうじて入店できそうなうどん屋さん情報をゲットしていました。というよりも、旅行前から行こうと思ってたんですよね、高松駅から近くて歩いていけるうどん屋さんを制覇したかったので。

JR高松駅近くで徒歩でいけるおすすめ讃岐うどん屋さん

 

瀬戸内国際芸術祭最後の夜。最後の晩御飯はやっぱりうどんで締めくくりたい。
とはいったものの、お店の前まできた時点で閉店の8時数分前。

P1090417

お店の中はすでに真っ暗で、残り1名のお客さんが暗い中でうどんをすすっておりまして、その片隅で従業員の方が後片付けをしている状態。「おおぅ、、、これはもうアウトだな・・・」なんて思ってお店の前で立ちすくんでおりました。

スポンサードリンク

めりけんやさんの神対応と美味いぶっかけうどんとかけうどんに涙した

そうしたらですね、お店の人が「いいですよ~^^」って声をかけてくれて、なんと!うどんを食べさせてくれるじゃあ~~りませんか!

マジ感動した!

 

メニューは決まっているので即座に注文。申し訳ない、ありがたい。

私は『冷たいぶっかけうどん』一本だ。
相方はいつもどおり『温かいかけうどん』。

 

席について荷物をイスの上においている時には、もううどんが届いた。早い、さすがです。

 

こちらが注文した冷たいぶっかけ。

P1090421

 

 

見た目はネギに大根おろしにレモンが乗っていて、サッパリの極みといわんばかりのビジュアルで夏にはこれしかない的な印象。天かすが食感のアクセントになるアレですね。

P1090424

 

おつゆの色は濃い目。香川県のぶっかけうどんの中でもかなり濃い目だよ本当に。長田イン香の香級に色が黒い。麺の太さは高松のうどん屋さんのなかではやや太めかな。不揃いに切られた感じはなく均一。

P1090425

 

 

さて、念願の一口目!

P1090426

あああぁあぁ!うまい!
色の割には味はそこまで濃くなくってサッパリ目!

ネギ、大根おろしにレモンといった名わき役が風味を持たせながら味を中和させていると私の舌のセンサーが分析しました。

 

こちら温かいかけうどん。
お出汁の色といいうどんの白さといい、透明度がハンパないですね。これでも真っ暗の中での撮影です。

P1090422

麺は茹でている分、冷麺よりも膨張しているっていうかふっくらしております。

 

ズズズっトスすると、モチモチしている。しかしながら、モッチリの後にしっかりとしたコシも残している良質な麺と茹で加減。絶妙です。

P1090427

 

高松最後のうどん屋さんはこれにてしゅうりょうでございました。

 

めりけんやの営業時間・メニュー

 

メニューは急いでおりましたので撮影できず・・・
公式サイトを参考に。m(_ _)m

 

高松駅近くの美味しいうどん屋めりけんやまとめ

いやー、非常にいいお店でした。

それは前述した神対応してもらったからっていうのも気持ちはプラス要因として働いていると思いますが、いがいに冷たいぶっかけで大根おろし、それに加えてレモンというトッピングをしているお店ってない。 少なくとも自分が行ったお店ではなかった。

接戦でどのお店も甲乙付けがたい高松うどんの中で、味を変化させて楽しめるっていうことで他店をややリードする存在となりました。

また、次回も行きます!必ず!

スポンサードリンク

もっと関連記事を読んじゃう

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ