美味くて行列の『うなふじ』!1300円の鰻丼と待ち時間を避ける方法[三重県津市]

スポンサーリンク
ウナギ屋

過去にはうなぎの消費量日本一とも言われ、鰻屋が街のアチラコチラで専門店が見られる激戦区『三重県津市』。

お店の数が多いだけあって価格も全国相場よりも相当安く、価格が高騰する前はうな丼が1000円でお釣りがくるくらいでした。

 

昼ご飯と夜ご飯にうなぎを食べに行くこともしばしばあったわけで、土用の丑の日直前の激安激ウマレビューです^^

早速いってみましょう。

 

今回お邪魔したのは行列ができるお店『うなふじ(本店)』。
口コミもやっぱりよくって、毎度お邪魔しております、はい。

 

津市でも値段と味ともに優秀で人気のお店です。が、ウンチク飲食店街道の関線沿い(県道10号線)なのでなかなか癖があったりしますので、営業時間とか要チェックやで。

 

スポンサーリンク

混雑具合・待ち時間について

お店の前からいい香りがすごく漂っていて食欲をそそられて到着。平日オープンしてすぐ入店しましたが、若干待ちができていました。

やはり土曜日・日曜日・祝日となると開店30分前ではすでに行列ができていて、一巡目には入店できないので底に入るには1時間前にお店に到着していのがベター。

1番いいのは平日の遅めのランチとして15時オープンに食い込むと待たなくていいことが多いですよ

待つのが嫌だっていう方には車で20分位の場所に支店がありますので、そちらもどうぞ。ただ、やっぱり味は違いますので下の記事を参考にしてください。

参考記事:【本店と比較】うなふじ支店を食べた感想

 

あと、津駅周囲にも値段も味もよい鰻屋さんが密集しているので遠方から食べに来て時間がない方は食べに行ってもいいかもしれません。

参考記事:うなぎの食べ歩き記事

 

 

平日の開店と同時でも店内はいっぱいでサラリーマンの方も多くいらっしゃっていました。サラリーマンさんの小遣いでもこれるっていうコスパなのです。

うなふじ店内

 

店内はテーブル4名席を中心に構成されており、その奥にお座敷の席があってカウンターなどはありません。1名で来店してもテーブル席に1人通されるので回転率が悪いので行列ができてます。

先代の時代、30年前からこのつくりですね。変わっていませんね。

 

スポンサーリンク

うなぎ丼は外はパリッと!中はふっくら!香ばしいくて甘い!味濃いめで旨い!

いつも通りうな丼の並@大盛りを注文しました。
痩せの大食いの私なのでこれですが、通常のお腹の方は普通盛りで充分でしょう。

 

注文して5分?10分?くらいでしょうか、提供されました。

IMG_4313

 

大盛りなので若干品のなさが出ていますが、甘くて香ばしい香りとふっくらと炊き上がったお米で更に食欲を刺激してくれます。

うなぎ丼大盛り

肝吸いとたくあんの名わき役は当たり前ですが付いております(^¬^)

 

並盛りで3切れ乗っています!!

近隣の人気店大観亭(後に辛口レビュー予定)など他のお店で並盛りを頼むと2切れで値段ももっと高い!

これがこのお店が人気の理由のひとつでしょう。お得感満載です。

うなふじ 並盛り

 

見出しどおりの仕上げ。

静岡県とは違い、津市のうなぎのスタンダードな手法。蒸した後に焼き上げるタイプなので、外側はパリッとした食感で、中はふっくらホクホクとして口の中を楽しませてくれます。

うなふじ 並盛りうなぎ日本一

 

 

見た目どおり、そのお味は炭火で焼き上げた香ばしい香りを残しつつ、濃厚な甘いタレの味がフィーチャーされています。

うなふじ 並盛りうなぎパリパリ

 

結構な肉厚で、うま味が入った油が調度いい。夏バテ防止・暑い夏を乗り切るのにはこれくらいボリュームがあった方がいいでしょう。

IMG_4318
お米も硬すぎず、柔らかすぎず食べ調度いい具合でした。

 

 

スポンサーリンク

うなふじの料理メニューとお持ち帰り弁当の値段

以前の900円台から値上がりしましたが、それでも並は1300円。上・特上も地域でも相当安いです。最安値かな?他は定番の長焼き等もありますので、お好みでどうぞ。

IMG_4311

きも焼きはいつも売り切れておりまして、未だ未食でございます。人気なのでしょうか?

IMG_4312

お持ち帰りのお弁当は店内で食べるよりも50円高いです。容器代でしょうね。

 

スポンサーリンク

うなふじ(本店)の店舗情報・営業時間 ※注意点あり!

参考サイト ホットペッパーグルメで見る
席数/駐車場テーブル・座席あり(6人掛け・4人掛けなど)30名程度
駐車場は店の前と道の反対側に広い駐車場あり
電話/予約059-230-0093 /予約不可(※持ち帰り可能
(スマホの方はタップで電話がかけられます)
営業時間/定休日11:00~13:30、15:00~18:00/火曜日定休
住所・アクセス514-2221 三重県津市高野尾町633-29

営業時間が昼の13時半、夜の部は15時からオープンとありえない開店時間/閉店時間になっているので食べに行く予定の方は注意してください。

また、時間が過ぎれば容赦なく「営業終わりました」と告げられて入店できませんので、せっかく出向いても食べることができまん。以前は土用の丑の日には営業しなかったいう変わり店です。今回も土用の丑の日は、持ち帰り弁当のみ販売するという。。。

 

芸濃ICから車で5分程度、三交バス路線


大きな地図で見る

※Google+の住所をそのまま載せましたがGoogleマップでの場所と実際の場所が異なっておりますのでご注意ください。

 

土日はオープン前30分ほどから行列ができていることがほとんどなので早めの来店をおススメします。平日の昼間はそこまででもありませんが、それでもご近所さんから遠方の方も結構お見えです。

 

スポンサーリンク

うなふじ(一身田本店)を食べた率直な感想

正直な感想を述べさせてもらうと、混雑時に行った時に外側は暖かいけど、中は冷たいうな丼が提供されたことが何度かありました。

恐らく1度焼いておいて保管し、混雑時に表面を再度焼いて提供しているのかな~と思わせます。

また、味村が非常に多くて、美味しいときとイマイチの時がかなりあります。具体的に説明すると、甘みがとても強いときと、甘さがほぼなく塩っ辛い時があります。

 

たまたまそのような商品が提供されただけならいいですが、数十年前の先代の時代からお邪魔していたお店なのでサービスの低下は残念ですが、プロであるならそれは如何なものかというのが正直な意見です。

 

しかし、津市内だけで40店舗ほどのウナギ専門店が存在する中で、私のなかでは1番好みの味です。つまり、濃い目。全店舗食べ比べたわけではありませんが、ほとんどのお店のを食したことがあるものとして言わせて貰うと、味そしてコストパフォーマンスともに非常に優良店であることに変わりはありません

味・美味さ
★★★★
コストパフォーマンス
★★★★★
接客・サービス
★★★
総合評価
★★★★

上記の理由にて味は星4つにさせてもらいました。
謂ときは4.5~5をつけたいほどなんですが。

 

土用の丑の日にもできればお邪魔したかったですが、作り置きのものは食べたくないので却下しました。もちょっとプロ意識があるとええかな、と思います。

ウナギ屋
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事でもう少し情報をみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
\ みんなにシェアする!/
笑来

コメント

タイトルとURLをコピーしました