車中や冬のテント内でも温かく寝られる寝袋(シュラフ)を探していて、ようやくゲットしました。

 

寒い所で暖かく寝るためには、その素材と保温力が気になるところですが、そこを追求するとネックになってくるのが値段です。

今回の寝袋は最低使用温度-25℃が7000円と激安のコストパフォーマンス!

こりゃ~捨て値ともいえる価格で実際の所質はどうなんだろう・・・とちょっと不安になりながら、買って使ってみましたがかなり良かったです。

P1050702

 

とはいっても、モンベルやコールマンなどのメジャーアウトドアメーカーで、これくらいの最低使用温度のものだと4〜5万するのですが、この値段だったのでお試しで買ってもいいっか~っていう考えです。

若干の不安があったわけですが、実際に使ってみた総合評価としては大満足いくものでした。

 

 

Sponsored Links

寝袋の購入条件と使用目的

  • 低価格であること(1万以下くらい)
  • 冬の車中泊か冬キャンプのテント内で使う

 

このくらいの条件で探してました。

この値段以下でいくつかのメーカーのものが楽天やアマゾンで売っているのですが、品質はもちろん買ってみないと分からないし、レビューの口コミ件数が少なくて判断に迷っていました。

しかし、このDABADAはかなり売れているようで判断材料となる書き込みがたくさんあって、総合判断でこれに決めて買いました!

 

私は登山・トレッキングをしますが、本気の冬山で使うものは古いやつですが持っているので値段が高いやつは却下しました。

冬キャンプをすることはありますが、春・秋に使う寝袋でもヒートテックとかをたくさん着こんで、さらに寝袋に毛布やらを詰め込んで寝れば対応できたので、そこまで最強に暖かい寝袋はいらない。

 

 

その他、個人的にこんな時に有効活用できると思って買いました・・・

 

  1. 寝袋を持っていない友達がキャンプに来た時に貸してあげる(または自分が使う)
  2. 自宅での来客時に寝具として使える
  3. 夫婦・カップルがケンカして一緒に寝たくないときに使うw
  4. 車で飲みにいって車中泊する時に使う

 

冬の平地のキャンプであれば、これでもいけると判断。来るまでの持ち運びが主体なので、持ち運びを考えた軽量タイプで超暖かなものは今のところ不要ってことで重さ・大きさはあまり問題視してません。

裏を返せば雪山であれば、軽量ももっと温かいのを買わないと死んじゃうよです。

個人的には、3と4の項目で大活躍です、ほんと!!!!!!!!

 

Sponsored Links

DABADAの高級ダウン寝袋を使った感想と仕様

今の所冬キャンプにいっていないのでその環境での間挿はかけませんが、12月中旬の時点(気温3度)で家の窓を開けたそばで試しに寝てみました。@阿呆?w ちなみにその時の服装は上下ともにフリースの部屋着です。

 

実際に入ってみた感覚としては思ったよりも大きくて足元が広い印象で、そこまで窮屈さはありませんでした。中からチャックを閉めることができますが、ちょっと閉めにくい感じ。

 

下の写真で伝わるでしょうか?

高級な寝袋は柔らかくふっくらとした感じがありますが、表面の素材がちょっとだけゴワついていて硬い感じがあります。ま、これは値段からすると仕方がないと思いますが、寝心地が悪いほどではありませんでした。

P1050704

あけるとこんな状態で収納されております。

P1050706

 

 

それで窓を開けていない・暖房を効かせていない状態で寝てみると若干汗ばむ感じの暖かさです。このとき頭の開孔部は適度に空けて使用しました。

DABADA(ダバダ) 高級ダウン寝袋 全3色 マミー型 シュラフ スリーピングバック [最低使用温度-25度] [最低使用温度-30度]

 

次に、窓を開けて寝てみました。

結構冷え込む日だったので寒かったですが、足元が冷えてかじかむこともなくすごく暖かかく寝ることができました。ただ、外気が冷たいので顔面周囲はちょっと気になりましたが、開孔部は小さめに閉めて自分の吐く息で暖かくできました。

中からチャックもできます。

IMG_6584

紐を締めて開孔部を小さくして保温効果アップ。

IMG_6585

IMG_6583

 

記載の温度に関してはテスト状況下でのはなしですし、実際に使う場合とは大きく異なるのでこの温度で使おう!っていうのはやめましょう。プラス10℃を限界点っていうふうに思っておくくらいが限界でしょう。もちろん、服装などの防寒をした上で、です。

 主な仕様

  • サイズ: 約200cm×70cm×50cm(マミー型)
  • TEMP:-25℃~-15℃~0℃(快適温度-15℃)
  • 素材: 外部 ナイロン100% 中綿 ダウン90%(1500g) フェザー10%
  • 重量: 約2200g
  • 収納サイズ: 約25cm×40cm(筒型)

マミー型シュラフは軽量かつ保温効果が高く、収納もコンパクトになります。
・アウトドア・キャンプでの使用にはもちろん、ツーリング、車中宿泊等さまざまなシーンでご利用いただけます。
・地震や災害時には他にも必要な荷物も多々あるはずなので、断然マミー型がおすすめです。
・内側・外側どちらからでもジッパーの開閉が可能なダブルフェイスジップトップを採用。
・防水加工がしてあります。

 

 

Sponsored Links

高級ダウン寝袋 マミー型シュラフ スリーピングバック [最低使用温度-25度]の寝袋を使った総合評価と注意点

この安さでこの品質なら申し分ない!

口コミでも書いてありましたが、服装をしっかりすれば0度だけではなく、マイナス環境でも充分使えるモノと思います。

ただ、上記でもいいましたがモンベルのスーパースパイラル ダウンハガーなどの有名ブランド品と比べるとごわついているだけでなく重いので軽量を追及する登山向きではありません。

このレベルの登山用寝袋・シュラフだと1200グラムなのに前後に対して、本品は2200グラムと重いです。大きさも一回り大きいです。その理由としては、恐らく格安のダックダウンの羽毛をたくさん詰めているからと思われます。キャンプか防災用グッズとして使うくらいで止めておきましょう。

 

ちなみに今回は楽天で買いましたが注文から2時間で発送完了案内が届くスピーディさで対応◎。アマゾンは説明不要の早さでしょう。

寝袋・シュラフの選び方も参考にしてください~。