台風24号(チャーミー)が現在四国あたりに来ているようです。
twitterとかでは車がひっくり返ったり、巨木がなぎ倒されたりしていて、すでにその被害状況も報告されています。

前回、前々回の台風では地元は停電しまくっていましたが、私の自宅は幸いなことに停電はしていません。が、今回はなんだかしそうな予感がしておりまして、パソコンに向かっております。

さて、ブログのタイトル通りなんですが、私は台風が好きなんです。特に落ち込んでいるときとかね。

ずーっと窓から外を眺めて、暴風やら雷やらみて「うおおお!」ってなったり気持ちよく?なったり考えさせられたりします。

あんまり理解されないんですがたまに周り友達にもいたりします。特に登山・トレッキングやアウトドア好きに大き傾向がありますね。

皆様、どうでしょうか?

Sponsored Links

台風が好きな理由・心境の一般的な?意見

台風が来るとリアルタイムの情報を得たくてよく検索するんですが、そこで見られるつぶやきやらをまとめると大きくはこの2点となっています。

  1. 学校が休みになる・会社に行かなくてもいい
  2. 台風が来るとワクワクと興奮する・気が高まる

うん、まあ妥当といえば妥当だ。けどもウンチクりましょう。

台風だと学校が休みになる・会社に行かなくてもいいのが嬉しい

だいたいこの辺がよく上がる理由ではあるんですが、「1の学校やら会社に行かなくてもいい」という考えはちょっと的はずれです。これは台風が好きなのではなくて、ただ単に休みになったことを嬉しいとか、喜んでいるのであって好きなわけではありません。

学校も行かなくてもいいでしょう。行っても行かなくても人生そんなに変わらないし。

私立の進学高校、県立でもたまに学校に来い!みたいな流れでプチ炎上しちゃってたりしてますが、学生さんの場合、休みになったところで抜けた授業やテスト、課題を後からギュウギュウ詰めでやらされるわけなので、あんまりお得感ないっていうのわかってんのかな?

関係ないけど、最近の小学校や中学校は暴風警報が出てなくても休みになるんですね。ちょっと雨降ったら同僚女性は軒並みお休みだ。いいですね#

会社の場合も私は行かなくてもいいと思っています。

それは会社のためでもあり、社員のためでもあるからです。それで出勤したって生産性ないわトラブル多いわです。

通勤途中にケガや死亡したら会社も困るだろう?わざわざ出勤させんなよ。

それでケガや死亡でもされたら社員は1番かわいそうだけど、会社も労災とか支払わいと行けない可能性があるから、お金やその他のリスクもあるし倫理的観点からもマイナスだ。

勘違いしちゃいけないのは、過去の判例では『通勤途中のケガなどの労災は問答無用で支払ってもらえる』わけではないです。ここテストに出ますからね!

ただ、電車通勤しているサラリーマン、冠水して車通勤もできなくなった社員も、あとで溜まった仕事+αしないといけなくなるパターンも、それ相応にしてありますわな。

台風は興奮する・気が高まる心理とは?

これこそ本当の台風好きでしょう。脳内のアドレナリンが出る的なやつ。

台風が来ると嬉しいっていっちゃうと言葉のチョイスが悪いと思うんですが、ようは迫力がある・スリルがあるっていうことでしょう。

つまり、この心理状況としては、アクション映画やドキドキハラハラのサスペンスを見たのと同じような感覚なんでしょう。

私もこの感覚はちょっとあるんですが、付け足すと『人間様が太刀打ちできない巨大なパワーを目の当たりにすることができる』から。たぶん、これ。

これよく不謹慎って言われます。ごもっともな意見ですが、被害にあった方はお気の毒だと思うんですがこれは全く別の話で、私は台風そのもののことを言っているのであって、大きな被害が出た地域や被災された方の話はまた別の意見を持っているのであります。アホナツッコミガキソウナノデ、イチオウキサイシテオキマスw

自然の力を舐めている!とかいう意見も出てきたりするんですが、全然舐めてないです。自然めっちゃ怖い。しょぼいけど、登山もするし、キャンプ場じゃないところで真冬にキャンプもするのでちょっとはわかる。自然の力ってめっちゃ怖い。

おまけ:屋久島の登山客が来ない某山頂上。

DSCF2521

五分後↓視界ゼロですでに夕暮れ前の嵐になりました。危なく遭難するほど危なかった。

DSCF2544

なので、危ないと少しでも判断ときは、海・河・山すべてにおいて、『行かない・やらない・登らない』を徹底しています。

いますが、やっぱり自然環境はすぐにかわっちゃいますので↑こんなこともたまにはあります。

Sponsored Links

興奮する以外に、私は自分を見つめ直すきっかけになっている

前置きが長くなりましたが、ここ私にとって大事な所。

上で「私もこの感覚(興奮するなど)はちょっとあるんですが」といいましたが、肝心なのはその後なんです。

台風などの自然がもたらすものに関して、圧倒的な力を見てテンションが上った後は、その反動で無茶苦茶落ち着く。テンションが下がるのではなくて。

台風が過ぎ去って静かになって荒々しい空が、普段よりもヒトキワ際立って青くて清々しくなるのも手助けして。

IMGP2113

準備万端で挑んだ台風の上陸でも、なす術なく、どうしようもない状態を見ると、『自分はなんんてショウモナイ、小さい人間なんだ。』と思ってしまう。はあ?っていうくらいの話の飛び様なんだが、これは本当の話で。

もうちょっというと『今、自分が考えている・悩んでいることなんか、自然の力やそれにもたらされるプラスのモノ・マイナスのモノからすると、クッソしょうもなく小さなこと』だ、と痛感しまくって、過去・現在の状況が全然ダメだと考えさせられる。

だから、好きなのだ。

決して落ち込むわけではなく、むしろその後自分からみなぎるスピード感・勢い・熱量が半端なく上がるのが実感できる。だからなのだ。

というわけで、台風パワーで今日は1日断捨離を結構していまして、今のクソブラック会社に辞表を叩きつけるべく今から履歴書書く。

最後に。お断りしておくと電力会社や電話関連会社、運送業者や食品メーカーさんとか、災害や台風であるがゆえに忙しくなる・必ず行かなければならない仕事の方には、本当に頭がさがりす。自分も停電したら出勤になるんですがね…泣