屋久島で宿泊するなら宮之浦と安房のどちらいい?便利で快適に過ごせるか?

スポンサードリンク

屋久島では宮之浦、永田、栗生、尾之間、小瀬田、口永良部、楠川地域になどに多くの民宿やホテルがありますが、多くの人がお店や利便性の面から、

『宿泊するなら宮之浦と安房のどちらがいいのか?』となります。

迷うところなんですが、皆さんはこぞって宮之浦の方がいいといいます。
しかし、私が実際に行った経験から個人的に言わせてもらうと、
間違いなく安房周辺に泊まるのが良いでしょう。

yakushima

その理由とは・・・・???

 

宮之浦で宿泊するメリットとデメリット

4324688_1119086643_55large

私は山と自然が大好きで、いつか行ってやると思って、休みが取れないなら会社を辞める!とまで言い放って獲得した屋久島鬼弾丸ツアーでした。

そこまでしても行く価値があると思います。

 

登山を目的にトウフイワ、太鼓岩を拝み、太忠岳をはじめ、相当なハイペースで敢行して、縄文杉からウィルソン株、紀元杉などの有名な巨木の多くをまわることができました。

 

旅行の目的によって、一概にここがいいとはいえませんが自分が行ってみてよかったことや悪かったことをまとめてみます。

スポンサードリンク

 

宮之浦港周辺で泊まるメリットはお店が充実してる所

宮之浦は屋久島の中心部で主要な町なので、高速船やフェリー、飛行機のが近いですく交通の便が良いです。レンタカーをはじめ、バスなどの交通手段も確保しやすいです。

 

そして、お店や居酒屋もここ宮之浦に集中しています。

漁業が盛んなので新鮮なトビウオとかも食べられて、飲食店が多いので楽しめるでしょう。実際に私も居酒屋とかカフェに足を運んで、店主や他のお客さんと楽しく過ごさせてもらいました。

その他、スーパーが島にはあまりないので、長期滞在するようであれば食材調達にもここがいいかと思います。トレッキングのレンタル屋さんなんかもありますし、忘れ物をしたって方は、ここで必要なものは全部揃うと思います。

 

宮之浦は民宿やホテルが密集しているところがナイスです。

白谷雲水峡にいくなら宮之浦の方が利便性がよく、永田灯台や海を楽しみたい人にはこちらがいいと思います。

 

 

しかし、実際のところあまり利点がないというのが正直なところ。

 

デメリット

皆さん、ほぼ間違いなく縄文杉登山などを行うでしょう。その場合、登るルートにもよりますがヤクスギランドや下荒川登山口からの縄文杉登山を目的とするのであれば、少し遠くなってしまうというのが難点なのです。

ここがネックになります。

 

安房に宿泊するメリット

DSCF2477

わたしはここで1週間安房でずーっと過ごしました。

それだけいいところ、便利で快適だったから。

 

安房のメリットは登山までの利便性が良い所

お店が少ない、早く閉まるっていうイメージだったんですがそうでもなかったです。

宮之浦ほど密集していないだけで多くのお店がやっていて、夜はフラフラと島の雰囲気、島の人たち、観光客とお話したりできました。これって旅の醍醐味。

あと、一番便利だったのはモスバーガー屋久島安房店!!!!!!
モーニング食べられるだけじゃなくて、トレッキングで持っていく飲料水の購入から色んなおみやげまで売っているので、一番利用したお店でした。

あとは、ヤクスギランドや縄文杉アタックの荒川登山口まで近いという立地条件
早朝に登山弁当を買ったりする必要があったりするので、結構準備にバタバタ忙しいですから、近いということは早起きしなくても良い、予定を変えても効率的に回れるということになります。

ちなみに登山口までのバスに乗れないと、その日は縄文杉まで行くことができません。
ご注意ください!
(※わたし、乗れませんでした。。。)

屋久島の第2都市なので、バスなどの交通手段ももちろんありますのでその辺は問題ありません。ま、ほとんどの方がレンタカーを借りられると思うので、そんなに問題ないと思います。

 

 

デメリット・・・!?僕はない!

私は安房Ψ(`∀´)Ψサイコウッ!だったので、これといって浮かびません。

お目当ての料理屋さんやおみやげ屋さんがちょっと遠くなるといった不都合があるかもしれませんがトレッキングするなら安房がいいです、絶対に。宮之浦にしたい理由が,飲食店が多くて栄えているというなら尚更です。

朝~夕方は登山をするならお店を気にする必要がありません。

そして多くが、夜もやっているので安房から宮之浦までドライブしたら、それはそれで楽しいんじゃないでしょうか??お昼しかやっていないお店で、絶対外せない!っというのなら、1日はそこで使いましょう^^

これが賢い屋久島めぐりと思います。

 

 

屋久島登山や宿泊の下調べの便利サイト

公益社団法人 屋久島観光協会

ここのサイトをくまなく見れば、旅行計画は出来上がります
屋久島までのアクセス、安房や宮之浦などの民宿や旅館や観光マップから、バスの時刻表、登山コースなどが見られます。ダウンロードできるので必ずプリントしていってください。

屋久島旅.com
ホテルからレンタルサイクル、アウトドアのレンタルまで島の楽しさをサポートしてくれるポータルサイトです。見やすくてお勧めです。

旅人と屋久島をつなぐ情報ポータルサイト 屋久の旅
こちらも屋久島の観光のガイドが載っています。

屋久杉巨樹・著名木
町の公式HPで、有名な屋久杉が紹介されています。

 

屋久島のお泊りまとめ

安房を勧めていますが、レンタカーを借りるか・借りないかという所に大きなキーポイントがあると思います。

私はレンタカーを借りていたので、朝も夜もいつでも自由に動き回れる手段がありました。車がないと、なかなかご飯を食べに遠出なんてできません。

グループや家族での旅行であれば安く済ませられるので、
レンタカーをイチオシします!

スポンサードリンク

もっと関連記事を読んじゃう

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ