『幸福の木』ドラセナの育て方と日光の当て方や置き場所等の注意点

スポンサードリンク

ドラセナと言っても結構多くの種類があり、最も有名なのは『幸福の木』の名前で売られているドラセナ・フラグランスといわれる品種です。

その光沢のある緑色の葉っぱの中央には、黄色の模様が長軸に入ってとても綺麗で、ホームセンターなどの観葉植物屋さんでは『幸福の木』の別名で市販されていますし、洋服屋さんやカフェなど、どこでも良く見る人気の観葉植物です。

 

小さな鉢のものからとても大きな鉢のもの、ハイドロカルチャーで育てるものと、その育て方もバラエティに飛んでおり、とてもおもしろく育てやすいのが特長です。

 

あまり知られていませんが、ドラセナにはその他にもたくさんの種類があり、その姿も葉の形も色も異なったものがあります。

デレメンシス(シロシマセンネンボク)も多くの園芸品種を持つ種類で、その他にワーネッキーは大正時代に輸入され、白っぽい縞(しま)が入るスタイリッシュな品種です。

その他にコンパクタ・バリエガタ、ロンギー、バウセイ、ウィレンスなど、中型主や楕円形の葉っぱが特徴的な品種がありますが、お店ではあまり見かけません。

 

売ってるどらセナの枝は短い 5年ドラセナ

 

で、、、、引っ越して環境が変わってから、5年ほど育てているドラセナの葉につやがなくなり、葉先が黄色や茶色に変わってきてかれそうになってきました。

 

そこで、ドラセナの水やりから置き場所まで育て方から振り返って枯れ始めた原因を追求してみました。

 

スポンサードリンク

ドラセナ・フレグランス 幸福の木

 

■ドラセナ『幸福の木』の日照りと置くのに最適な場所

室内であれば強い日光が入らない比較的明るい場所がいいです。成長期には屋外で置いてもいいですが、すだれなどの遮光も忘れずに行って、直射に光が当たらないようにします。

かと言って、光が不足しすぎると葉の美しさが保てなくなるので、適度に光を当てるのがポイントです。

  • 11~4月:室内、ガラス越しの日光
  • 5~10月:室内・戸外(戸外の直射日光)

 

最適な水やり

比較的、高温多湿を好みます。夏は毎日、冬は土が乾いてから与えます。春と秋は表面が白っぽく乾いてきたら与えます。

土に水をやるだけでなく、が大きく美しいものなので、はに水を与えて、乾燥防止するだけでなく、ほこりや虫の予防にもなりますので、八戸にも水をかけてあげましょう。

  • 11~4月:乾いたらやる
  • 5~10月:白っぽく乾いてからやる
  • (7~9月:多湿を好むので毎日)

 

肥料

春から秋の成長期は1〜2か月に1回、感光緩効性肥料を与えます。観葉植物初心者さんま、お水や資料をカンカン与える場合が多いですが、栄養が大すぎるとかります。また冬も肥料やると良くありません。

 

植え替えと増やし方

3人大木の春から夏にかけて、差し入れ増やします。色を接して増やすのは5月から9月までの、よく成長する時期に行うとが適切です。時期がはずれるとネタはらず、大気でなくなって枯れてしまいます。

  • 5~8月:植え替え時期

 

枯らす原因と解決方法

失敗としては、「植物は日に当ててあげないといけない!」と強い日光に当ててしまう方が多いです。しかし、これだと葉焼けを起こして茶色が強くなってしまいます。この場合は、上記の置き場を参照にしてください。

下葉が落ちて、枯れてきた場合の原因としては、水遣り不足、温度や光不足、重要などが挙げられます。

再生方法としては、挿し木をして増やすか、親株を切り戻して植え替えをします。復活させる事はなかなか難しい場合が多いです。

再生した株は新から3ヶ月で新芽が伸びてきますが、そこそこ一人前のかごになるまでは1年かかります。また、辛味が生えて来ずに失敗することもおおいです。

 

ドラセナの水やりとかのまとめ

先日、全部の観葉植物の土の植え替えをしましたが、やっぱり、植物は奥が深いですがおもしろいです。

まだまだ観葉植物を育てる上では初心者の域を脱していませんが、初めて育てて枯らしてしまうパターンがわかってきたので、それを書こうと思います。これから1番売れる時期、成長する時期ですしね^^

そして、これをキッカケに興味を持ったり、育ててみよう♪っていう人が、1人でもいたら私は嬉しいです。

スポンサードリンク

もっと関連記事を読んじゃう

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ