[折りたたみ自転車の選び方]安くて超~軽いドッペルギャンガー202 blackmaxがおすすめ!

スポンサードリンク

以前、激安の折り畳み自転車を即買いしたのは良かったのですが、開封後なんと1日で錆びてきたという苦い経験がありました。 確か値段は新品で7000円くらいだったでしょうか、アルミボディじゃなかったのですぐにサビサビに。。。

サビサビの相棒でしたが、それでもすぐに車などの塗装に使うボデーペン クリアーを吹き付けて錆びないようにして10年近く乗っていました。すげー物持ちええなぁ。σ(゚∀゚

が、この度ついに折りたたみ自転車購入しました!

 

新しいのが欲しいとずーっと思っていた理由は、もちろん持ち運びできて便利なところ。

ちょっと車での小旅行に持っていってのポタリング、近所のスーパーに買い物に行くにも何かと便利だったっていうのが理由です。しかし、欲しいと思っていたにも関わらず、今まで買わなかった理由はただひとつ。

買うものは実際に見てから買いたい、ということ。

 

でも、数多くの折り畳み自転車が売られている中で、店頭に並んでいる種類は知れている数。実際に見て買うには、触れることができる商品が少なすぎて選べなかったというのが悩みの種で、購入するに至らずに時間だけが過ぎていました。

実際にホームセンターやドンキホーテなどでたくさん売られていましたが、デザインは良いものがあれどもなんだかイマイチ感が。。。また、コンパクトさを追求したいので、折りたたんだ状態が見たい。

折りたたんだ状態で店頭に並んでいることはほとんどなく、鎖でロックされていて自由に見ることができなかったので購入に至らずという流れでございました。

 

DOPPELGANGER 202 blackmax

でもですね、大型の自転車専門店に行った時に実際に売っているのを発見!!色々と見て触って吟味することができました。そしてネットの方が安かったので購入に至ったわけで!(´Д`σ)σセコイ

スポンサードリンク

 

私の折りたたみ自転車の購入条件。アルミフレームで軽量のが絶対いい!

相当悩んだのですが、自分のはこんな感じ。

  • 変速ギア付きは必須
  • 軽量であること(最低でも15キロ以下の重さ)
  • 価格が2万円以下の安めのもの(あくまで目安)
  • アルミボディであること(軽さと錆びない事の両方を追求)

 

かなり厳しい条件でしたが、結論から言うとほぼ条件を満たしていて相当いいものが買えました!

 

前回困ったのはギアがついていなくて、ちょっとした坂道でも汗だくになっていました。手軽で気軽に乗りたいのにこれでは駄目だということで、変速ギアは最重要項目になりました。

ギア付きだとちょっと値段が上がってしまうので、価格も2万円くらいは最低出さないといけないな~って思って、その値段あたりでカカクコムから楽天・アマゾンの大手通販のレビュー、その他ブログでおススメのものとかをググッて探しました。

 

折り畳みってネットで見ると大きさがイマイチ分からないし、あんまり重さまで気にして買う方も少ない感じです。私は電車で持ち運ぶいわゆる輸行をするっていうのも念頭においているので、軽さも変速ギアに匹敵する重要項目でありました。

 

前回の失敗があったので錆びにくいものをチョイスすると必然的にアルミ製になってきます。アルミになれば、もちろん軽くなるわけですが、値段もちょっと上がるっていう流れになってきますので、値段はあくまでゆるめな感覚でいました。

 

これで探すと対象となる商品がほとんどない。。。。。

 

DOPPELGANGER202ブラックマックスの軽さは他に類を見ない

しかし、出てきたのがコレだ!!!

 

低価格でありながらアルミフレームで軽量、6段変速が多い中で、7段変速ギア!

 

しかし、決め手になったのはここだ。

リサーチしまくって主な仕様を見てみると、ほとんどの折りたたみ自転車の重量は16~18キロとかなり重さがあるということが判明。皆さんも色々調べてみてください、安めの折りたたみは軽いもので15キロくらいがほとんどです。

今回買ったドッペルギャンガー製の自転車の重さは12.1キロと超~~~軽い!

これが最大の決め手になりました!

 

変速ギア付きの価格が2万円以下っていうやつはかなりの数ありましたが、これに「軽い」という条件を加えると選択肢がほぼありませんでしたが、これはビンゴ!こいつはすごいわ。

売れ筋のものは軽いもので15キロ、平均すると16~17キロの重さがあるものがほとんどで、この12キロの軽さでこの価格は脅威的。

12kgだと女性でも片手で持ち上げられるレベル。この3キロの違いは大きくて、15kg以上となると『持ち上げられるけどかなりの重さを感じる』ラインなわけです。自動車に乗せて持ち運ぶだけじゃなくて、電車で駅を降りてからの足がないっていう状況を想定するなら、この価格でこの軽さはかなりの魅力です。

 

その他、サブ的に考慮していたこともあって、それはこんな感じ。

今回購入したのは20インチ。この大きさを選んだ理由としては、以前使っていたの16インチ(変速ギアなし)はコンパクトでよかったのですが、漕いでも漕いでも進まない、、っていう難点があったので絶対条件ではありませんでしたが、20インチで探しましてこれが該当したわけです。

あとは人気機種なのでカスタムパーツも多いので、その後のカスタマイズの楽しみもあるってことで、これに決定w

 

オプションで、輸行用に同じデザインのキャリーバッグもお買い上げしました。女性っぽくておしゃれで可愛い^^

 

 

こちらも男性仕様でクール。

 

大大大満足のショッピングになりましたが、価格は設定金額をほんのちょ~っとだけ超えました。その値段で売ってないよってクレームがきても困りますので、ご報告までに。ちなみにマイナーチェンジによって重さが異なる場合があるので、その辺も注意してください。

 

折りたたみ自転車を買うときの確認ポイントと注意点のまとめ

  • フレーム材質がスチールだと錆びて寿命が短いので要注意!
  • 楽天・アマゾン売れ筋ランキングの10000~15000円あたりの商品はスチール製が多いです
  • その当たりの商品は重いものが多いので、よく見て買いましょう
  • ちょい乗りでもギアなしは疲れるので体力に自身がある人向け

 

ドッペルギャンガー製品はどれも軽くて11キロともっと軽量化されたマシン、ボディもブルーやレッドなどカラフルなものからBMXタイプの本格派のものなど種類が豊富です。仕様用途と好みのものが見つかると思いますので探してみてください~。

試しにちょい乗りしただけですので、実際に乗った感想したいと思います~。お楽しみに~~!

スポンサードリンク

もっと関連記事を読んじゃう

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ