まぢ非常識。NHK受信料の徴収員は契約ウンヌンの前に、まずマナー・礼儀から見直せって話

スポンサードリンク

引越してから半年がすぎた先日、うちのマンションにNHK受信料の徴収員の方がやってきて、

『テレビがあるんでしょう?ちゃ~んと契約料金を払ってくださいよね。』
ってお決まり的に集金に来ました。

 

以前にも書いたとおり、うちは引越しでテレビは処分して解約している身なので、拒否するどころか払う必要がありません。ですから、丁重にお断りし続けているのですが、、、、あまりにもウザい理不尽な対応でした。

 

注目してほしいのは、「し続けている」っていうところです。(詳細は以下に。)

 

演技の切れキャラ応対をしてしまいましたが、あまりにもふざけている訪問の仕方なので、これも誰かの役に立つと思いネタにしました。 NHKのしつこい契約手法は改善したら?って思って書いています。

 

いや、ただちに直せっていうレベルの話でマニュアルがあるのでしょう。もし、これがマニュアル化されてないのであったのなら、どうしようもない非常識くんを採用しているに他ならない。

NHK受信料支払いはきえてしまえ

 

最初にいっておくと、切れたには訳があるわけで、過去の徴収業者の訪問を含めてブッちゃけてみます。あ、こんなの知ってて当たり前っていうならスルーでよろしくメカドック!

 

ちなみに、前回の住まいでもそうでしたが、引っ越した途端来るっていう絶妙なタイミングにビックリするでしょう。それは契約督励訪問員をよくみると全員、手に端末をお持ちですよね。あれで契約世帯を把握しているので、嘘や虚偽はバレるわけです。 払ってると玄関のステッカーも貼られるし。

 

 

私がNHKにぶち切れまくって追い返した理由

NHK受信料支払いに怒り

家にテレビがないと訴えたのは今回が初めてではありません。

月に最低1度は訪問してきて、今回で7度目。
必要がない家に7回も来た上で、金払えっ言ってくる非常識ぶり。

 

軽いストーカーかちょっと紳士ぶったヤクザの取立てやで、これ。

そして、その内容はもっと濃くてひどい。

 

来るたびに「あー家にはテレビはありません。それでも払う必要がありますか?」と言っています。さらに追い討ちをかけるように、こう言います。

私 :「家は本当にテレビを捨てちゃったので、上がって確認してもらっても構いませんよ?」

N●K:「…ああ、それでは結構です。そのように報告(または入力)しておきますので。失礼しました。」

 

と言って帰っていくんだけど(その間の面倒な言い合いは後述)、これで7度目ですがそろそろ怒ってもいいんちゃうの???

そのたびににおっさんやお兄さんは端末に入力しているはずなんですが、入力ミスとはとても言えない。端末には恐らく、私自身が払わない人ブラックリストに載っているんでしょう。

 

ってことで、今回はさすがに名刺を置いてってもらいましたわ。

 

えぇ!?これってオレが悪いの???

スポンサードリンク

 

NHK受信料徴収の非常識な訪問方法はいつもこんな流れ

NHK受信料支払いは玄関を開けないこと

チャイムが鳴っても、私は日常的に居留守を使っています。それが友達だろうが親族だろうが出ません。一人暮らしなので、この対応で困った事はありません。

しかし、NHKの場合部屋が真っ暗だろうか電気がついていようがチャイムを何回も鳴らしてきます。見極めとしては、その格好はスーツ姿に名札を下げています、自分の場合全員。

あまりにもうるさいとしびれを切らして対応することがありますが、それもドアを開けない状態で『どちら様ですか?』と尋ねてもN●Kの方は無言です。これは全例にいえてます。

 

聞こえていないのかな?と思って、大きな声で3~4回どちら様ですか?と尋ねて初めて、「NHKのものです。」と名乗ってきます。

恐らく、初っ端に名乗ると開けてもらえないからそーゆーマニュアルがあるんでしょう。

 

名前も何も答えないような非常識な人間に対してこちらが何かをする必要はないでしょう。

いや、会社名や名前を名乗っても無防備にドアを開けるのは、この物騒な世の中ですからね、危険極まりないリスクです。

 

この時点でお宅にお伺いしてくる『まともな会社の人』ではありません。

非常識というか、常識人の私からしたら異常行動です。
あ、クレームメッセージは勘弁してください。

 

 

さて、細かな会話の流れをいって見ましょう。

上記の名乗らない訪問者で、誰かが分かった上でドアを開けた後の

 

:「こちらの住所を調べたところ、こちらが未契約でしたのでお支払いして頂けますか?」

私:「いや、うちはテレビがありません。」

:「…あ、そうですか。パソコンやスマートフォンで見ている場合も必要になりますので…」

私:「いや、スマホもパソコンも見れません。見れる端末把握してるでしょ?」
(iPhoneとノートPC持ってきて見せながら)

「なんなら上がって確認してくださいよ。ないって言ってるでしょ?これ何度目?」

 

:「・・・申し訳ありません。。。そのように報告しておきます。。。」

 

という感じで、今回は最後に上記で説明したとおり、切れて名刺を置いていかせました。あ、請け負い業者へのクレーマー的な電話はしてませんが。

 

 

ついでに説明させてもらうと、私の家への訪問者は異常に少なく、そのほとんどが勧誘・セールス(ほとんどが宗教)かNHKです、多分。

以前住んでいたアパートの話になりますが、NHKまたは業務請負の下請け会社の方は時々に来ていたようです。「来ていたようです」と言うのは、仕事が忙しくて夜遅くに帰ってくるのでほとんど家にいないというのが第1に挙げられます。

また、たまの休日もチャイムが鳴っても、例外的な場合を覗いて私は誰が来ても一切ドアを開けて対応することがないということ。

 

このことを言うと、「それはおかしいぜ!誰か家には来でしょ?」と言われることが多いのですが、そもそも知人や職場の皆様ですら私の家を知らないし、訪問客のほとんどが勧誘・セールスなわけなので対応する必要がない訪問者がほとんどだからです。

 

ここがポイント!

知人や親族が来るときは基本的に事前にアポイントを取ってくれてる場合がほとんどですし、宅配便が届く時も時間帯指定や届くに日にちや時間は予想できているので、それ以外は出る必要がないということ。

ちなみに、訪問者が極端に少なかったのはチャイムの上に『勧誘・セールスお断り』の下を貼っていたからです。古典的ですがセールス訪問が多い場合、これは効果絶大です。中にはそれでも来る“うましか者”もたまにいますけども。

あ、Nさんは勧誘ではありませんので効果は期待できませんよー。

 

NHK受信料の断り方まとめ

ありがちの受信料支払いの断り方・拒否方法は、「テレビがありません。」ということをハッキリ言うこと。これ意外にはありませんが、これを言っても信じてもらえないっていうのが現状のようです。でも、これ以上説明しようがありません。。。。だから、最終的にこう言うわけです。

「上がって確認してよ。」

でも、99%自宅に上がる事はありません

 

強制的に人の家に入って調べられる権限があるのは、警察・検察のみ。中にはノルマ達成のタメに上がってしまう仕事人もいらっしゃるかもしれませんが、トラブルの元なので、自宅に上がる事は禁止されているのでしょう。

 

でも、この場合ひとつの疑問が沸いてくる。

拒否しているのにもかかわらず押し入って来た場合は、不法侵入やプライバシー権の侵害等の問題もあるので、まずやってくる事はありません。しかし、私は上がって確認してみてよって合意しているので、この場合どうなるんやろ?

 

本当にうちにはTV放送受信環境がないので、むしろ上がってもらって確認してもらった方がスッキリするんですけどね。。。

 

このご時勢にテレビがない家庭っていうのがあり得ないっていうことかもしれませんが、時代は急速に動いていて、テレビを見ている時間がないし、そもそもつまらなくて不要な番組が多すぎて見る価値がないというのが本音。だから、破棄したわけです。

皆さんも無駄な時間を過ごしてしまうテレビをダンシャリしてしまいましょうw

 

で、ちょっと調べてみたら、なんだか合法的な?色んな抜け道的なのがあるんですね。あくまで払わなくても良いかもしれない事例ですが。興味のある方はどうぞ。

  • 放送法第64条 一項(受信契約及び受信料)では、放送の受信を目的としない受信設備は該当しないっていっているので、テレビもDVDやネット動画観賞用で、受信目的でないなら契約がいらない。携帯・スマホも通話・ネットが目的だから不要、ってこと?
  • 学生だと契約しなくていいし、親が出てけば解約できるかも
  • B-CASカードで見ていると、住所から個人情報まで特定されていると思って契約したって話とかがあるけども、そんなので特定はされない。

などなど、いろんな法律とかが絡み合ってますね~。詳しくはNHK受信料-HACK ! ~賢い断り方と解約方法 教えますからどうぞ~。

 

基本的には放送法と民法の何条何項かをしっかりと持ち出してってことと、上手な断り方(+リーサルウェポンは来たら動画撮影しながら証拠作りながらやれってw)ことが最強のようです。

 

お断り

最後になりましたが、こちらの記事は払う必要があるのに拒否する方法を導いているわけではありません。

 

ここで言いたいのは、私本当に受信機器ないってば、お前ら非常識すぎってことだけ。

名を名乗れ、くどい・しつこい、しかも全員。

 

 

しっかしな~~、民事裁判とか天下り先の確保のタメにくだらないわー、ほんま。毎度思うのは一方的で理不尽な契約だな~と思います。

だってさ、契約って双方の意思表示合致で成立する法律行為なわけなので、こっち合意しなければ契約として成立しないのに、契約ってなってるっていうわけで。

そもそも払わなければならないのなら、テレビ・スマホ・ワンセグ付き携帯・パソコンを購入時に、そのように契約させるようにしておけばいいだけで、それができてない時点で払わなくってもいいわけじゃないのかい?

次、来たらホンマ知らへんで名古屋のYさん他。

 

追伸:最近、ブチキレ記事多いなぁ~反省してます。。

スポンサードリンク

もっと関連記事を読んじゃう

2 Responses to “まぢ非常識。NHK受信料の徴収員は契約ウンヌンの前に、まずマナー・礼儀から見直せって話”

  1. ゴールデンコルド大王 より:

    はじめまして。
    僕の身の回りに起きていることによく似ていてとても共感できたのでコメントさせていただきました。
    定期的に来るのは向こうにも向こうの事情があるんだし100歩譲って許せるとしても、何故か部屋にテレビがあること前提でおたくは受信してるようなので次から契約してくださいみたいに言われるのは納得いかずすごくモヤモヤした気持ちになってしまいます。
    一度部屋に受信環境がない旨説明しても後日くる人には伝わっておらずにまた同じ説明を繰り返さなきゃならないし…
    せめて、前回来た時から今までの間にテレビとか買いました?みたいな聞き方をしてくれればこっちの感情もだいぶ変わるのになあと本当に思います。
    この記事読んでだいぶ気持ちがすっきりしました。どうもありがとうございました。

    • とよの より:

      コメントありがとうございます!

      どこでも同じ感じなんですね。

      >一度部屋に受信環境がない旨説明しても後日くる人には伝わっておらずにまた同じ説明を繰り返さなきゃならないし…

      これがまずおかしいんですよね、お手持ちの機械(通称ナビタン)には記録されているはずですので、虚偽の入力をされているっていうことになります。

      他にもNHK記事があるので良ければごらんください!
      http://worklife-create.com/nhk-jushinryou-tyousyuuin.html
      http://worklife-create.com/nhk-android-shiharai.html

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ