B級グルメの津ぎょうざ食べたらこれも!カレー焼も食べてみて![三重県津市]

スポンサードリンク

観光で有名な鳥羽や伊勢神宮、そして松阪牛の三重県。

三重県は大阪と名古屋の中間に属しそれらが融合する分岐点となるため、一風変わった食文化が栄えている土地です。

今日はそんな三重の県庁所在地、日本で1番短い市名の『津市』をピックアップ。意外に知られていない雑学といえば、こんな感じ。コンパのネタにどうぞ!w

  • うなぎ屋の軒数、ウナギの消費量日本一だった津市
  • てんむす、たい焼き、味噌カツ、いちご大福の発祥の地『津市』 (諸説あり)

 

津ぎょうざでB級グルメのB-1グランプリで一躍脚光を浴びた津市ですが、そんな土地の隠れたご当地名物をご紹介します。

その名もカレー焼き さかえやさんです。

カレーが好きな方は、カレーライス、ナンカレー、カレーうどん等なんでも大好きだと思いますが、カレー焼きというものをご存知でしょうか???

全国各地に類似品があって何回か食したことがありますが、『さかえや』さんのカレー焼が1番おいしかったので取り上げてみました。(本家がどこかは知りませんが、ここは別店舗を含めて相当昔からあります)

スポンサードリンク

 

カレー焼きは最高に美味い!焼きたてが超オススメ!!!

カレー焼き津市のさかえや

近鉄・JR津駅から徒歩5分程度のオフィス街を抜けたところにひっそりと看板を掲げていて、あまり目立たないお店。店に入るとちょっとコワモテだけど優しい店主の方が出迎えてくれます。

ガラス越しに店主方がカレー焼きを焼いている姿が見えるのが楽しいところです。子供は喜びそうなので、お子さんがいらっしゃる方は是非。

 

入ってすぐのカウンターで注文します。

大半の方は持ち帰りしますが、店の奥でもテーブルがいくつか並んでいるのでそこで飲食することも可能です。

カレー焼き店内

 

カレー焼きは1本130円。カスタードとあんこ入りのスイーツもあるこちらも同じ値段です。
昔は確か100円でした。増税で再び値段が上がるのかな~~、とちょっと心配です。

今回はお持ち帰り用とすぐに食べるように、別で包んでもらいました。

カレー焼き包装

 

買って包装してもらうと袋の中から包装紙の懐かしいにおいがして、なんだか昔の古き良き時代を思い出しします^^このにおい大好きです~。

カレー焼き包装

 

じゃーん!出た!久しぶり!(^¬^)

うまいぜべいびーカレー焼きだ

 

たい焼き屋や大判焼き風の生地でカリッと焼かれています。長さは12センチくらいあるでしょうか、太さも結構あるのでボリューム満点です。

うまいぜべいびーカレー焼きだ

 

一口食べるよ

うまーーーー!

生地は一般的なたい焼きよりもモチモチしていて、ちょっと焼き加減が強めなので香ばしい感じがほんのりするのが食欲をそそります。

ココイチも目じゃないーカレー焼きだ

 

カレー焼きの具材としては、大量のキャベツ、玉ねぎ、ニンジン、ひき肉、ジャガイモも入ってるかな?

これらにカレーペーストが絶妙なバランスで配合されています。

ココイチも目じゃないーカレー焼きだ

中は野菜とかの具材がたっぷりで、超ヘルシー。

そこまで辛さがないので、大人も子供も全然食べれる辛さです。

 

カレーというもの自体は味が濃いですが、たっぷり野菜が入っているのでそこまでカレーは強烈に主張してきません。そして、カレーパンのように揚げていないので口周りが油でギトギトするということもないので、以外にスッと入っていきます。

 

私の記憶と味覚が正しければ、多分10年ほど前にカレーと野菜の配合割合を変えたと思っております。これ、正解!おいしくなった!(違ってたらごめんなさい。)

 

●注文時と食べるときの注意点

やっぱり、焼きたてのカレー焼きは外はカリカリ中はモッチリで絶対的に旨い!

ホント、最強に満足できる美味しさ。だがしかし・・・・

できたてホヤホヤだと強烈に熱いので猫舌の方は要注意。

生地と生地のつなぎ目の薄くなっているところからカレーペーストが飛び出してくることがあるので(▼写真参照)、お洋服を汚さないようにご注意ください。 (何回服をカレーまみれにしたか。。。)

ココイチも目じゃないーカレー焼きだ注意しろ

持ち手を紙で包む、ティッシュは準備しておいた方がいいでしょう。

あとは焼きたてを注文すると10〜15分かかります。まとめて数十本買って持ち帰りされるお客さんもかなりいるので、時間によってはもっと待ち時間が長くなります。

焼きたてじゃなくても良いよっていう方は、事前に予約の電話をしておくのが吉。

 

めっちゃ忙しい時間帯だと店主さんは焼きながら、電話を受けながら、包装しながら、注文受けているわっけわからない状態になっていることもしばしば。^^;; ほら、めっちゃ混み合ってる。。

カレー焼きさかえや店内

 

ただ、焼きたてでも2~3分でカリカリさがなくなるので、本当に買ってすぐに食べないと意味ないです!!近くの公園で食べよう!とか悠長なことをいっていると、最高のタイミングを逃しますので、グルメな人はとっとと食べましょう!

 

デザートには濃厚スイーツのカスタードがオススメ!

カレー焼き以外にも、カスタードとあんこのバージョンがあります。

カスタードの量が半端なく多くてかなりマッタリコッテリしているので、そーゆーのが苦手な方はちょっと注意してクリームと生地をうまいバランスで食べてください。

 

クリームパンとは比べ物にならないクリームの量。

口中がクリームまみれで絡みつくほどのタップリと入ったカスタード。もっちりとした生地で私は好きだなー、いつも頼みます。ただし、ちょっとパンチがあるのでだいたいは1本だけ。

カレー焼きカスタード

ほら、この生地の厚さにこれだけのカスタードクリーム!!!
濃ゆい激甘スイーツ間違いないです!

 

あんこはつぶあんで上と同様ですが、パンチがありすぎるのでたまーにです。

カレー焼きあんこ

 

カレー焼『さかえ』(津駅前店)の店舗情報・営業時間

参考サイト ホットペッパーグルメでさかえやを見る
電話 059-226-9911
定休日/営業時間 日曜日/月~金11:00~19:00、土曜日
祝日11:00~18:00
住所/アクセス 三重県津市羽所町535

※高田本山の一身田の京林堂本店は火・水曜日営業参考:京林堂


大きな地図で見る

 

 

B級グルメ?なカレー焼きのまとめ

津市民のソウルフード的な存在ですが、津市民も知らない方がいらっしゃるという以外に隠れたグルメです。津駅前だけでなく高田本山にも店舗があります。

おやつにもちょっとした軽食としても頂けるので、嬉しい存在です。

ただ、残念なところといえば店内がちょっとゴチャゴチャしていて私物などが散在している所を改善すれば、もっとお客さんは入るんじゃないかなーと思ったりしました。今後の更なるご繁栄を願っております。

スポンサードリンク

もっと関連記事を読んじゃう

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ