天風でスタミナ満点!天理の彩華(さいか)ラーメンが懐かしい![鈴鹿市]

スポンサードリンク

鈴鹿市の23号線沿いにラーメン屋さんができていました。

できるっていう話は前々から聞いていたものの、建設は進まず頓挫したっていううわさが流れ始めた頃やっとオープンw

 

桑名の国道1号線沿いにも天風ってのがありましたけども、その新店舗のようです。んで、調べてみてなるほど!博多ラーメンの本丸亭系列のお店なんですな。通りで名古屋方面から進出してきたわけですね。

 

 

白菜ラーメンっていう看板を見ていて気になっていたんですが、そういうことか!

スタミナ満点の奈良の天らー系かwwww

 

ってことで行ってきました。

 

 

コストパフォーマンス最高ランクの彩華ラーメンや!

日曜日の午後8時ほどでしたが車が止められないほどの盛況ぶり。入口でも何人か待っていました。

カウンター10席程度、テーブルが4~5とそこまで大きくない店内。スタッフは本丸亭直球のイキのいい掛け声のあいさつでパワフル系です。でも、本家や横綱ラーメンほどではないので、もちょっと頑張って。

 

メニューもシンプルで自分好み。

IMG_1369

 

しかもラーメン人気とともに価格上昇が激しいこのご時勢に、嬉しいコストパフォーマンス!中華そばは490円看板商品の天風・スタミナラーメンも600円と、おじちゃんの財布には優しいw

IMG_1368

 

 

腹が減っていたので、スタミナラーメンのチャーハンセットをご注文。相方はノーマルの天風をチョイス。

 

 

お客さんでいっぱいでしたが、そこそこ早い時間で料理が出てきました。

IMG_1381

 

赤みをおびたスープにたくさんの白菜がもりっと入っていて美味しそう。ニンニクやニラも入っていますが、そこまでスタミナ臭はないです。

IMG_1382

 

 

豚肉の脂とうま味がスープににじみ出ていますね。

推測すると薄めのトンコツスープがベースになっているようです。

唐辛子もふんだんに使ったスパイシーさ満点!と思いきや、やっぱり白菜の甘みが浸透していて、そこまで辛い!っていうほどではありません。

IMG_1383

 

細麺っていう話でしたが、これは私的には中太麺で自家製麺じゃなくって、どっかの製麺業者さんのですね、たぶん。

IMG_1391

 

焼いて食べるなら牛派なんですが、料理に入っている肉は豚肉が1番好きなんです。それは肉の甘みとうま味が出るからに他なりません。

それはラーメンでも一緒で、特に辛めの味には豚肉が1番合う。うまい。

IMG_1392

 

さすが、奈良の天理ラーメンっぽい味で懐かしい。

辛くないっていいましたけども、肉と野菜のうま味・甘みで緩和されているので美味しくいただけましたが、後からくる辛さがありました。汗かきました。

汗かき隠れ肥満の私はどのラーメン食べても汗だくになりますけども。

スポンサードリンク

んで、オマケ的に炒飯です。

見た目はこんがりとした茶色で食欲アップするナイスな色合い。

IMG_1377

 

しかし、味はごく普通。中華風味がそこまで漂わないサッパリめの焼き飯。週7で炒飯作り続けてきた元中華料理屋の自分から言わせてもらうと、私が作ったほうが美味しい。ごめんね店主さん。

IMG_1386

 

サイドメニューから注文していた餃子。こちらも恐らくは既製品をそのままっていう品。

でも、ニンニクがきつめで中の具材はホロッと崩れる固さで個人的には好みです。これで280円なら王将並みですので満足^^

IMG_1378

 

 

こちらがテンプウ特製のらーめん。

シンプルに白菜と厚めにスライスされたチャーシューが3枚が、濃く豊かなスープに漂っています。

IMG_1388

 

肉は上のスタミナラーメンの豚バラとは違って厚めです。いあ、チャーシューの中では薄めかな?

でも、スープに絡んで相性はよしです。

IMG_1393

個人的にはこちらのラーメンは濃すぎず・薄すぎずっていう感じでしたので、スタミナラーメンで正解でした。

好みでしょうけども。

 

あとは最安値の中華そばの存在が気になるところなので、次回行ってみたいと思います^^

 

 

天風ラーメンの店舗情報・メニュー

 

メニューは冒頭の画像をご覧ください。

三重県内には他に長島店、岐阜には柳津店があります。

 

天理ラーメンまとめ

シンプルで美味しいラーメンでした。

激ウマで毎日食いたいものかと言われればそうではではありませんが、コストパフォーマンスが素晴らしく、品数もシンプルで好き。

次回は中華そばを味わってみたいと思います。

スポンサードリンク

もっと関連記事を読んじゃう

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ