[もくじ]瀬戸内国際芸術祭2016年 公式ガイドブックが届いたので、開催期間内で何泊か宿泊する計画を立てて回ってみる!

スポンサードリンク

ついに迫ってまいりました2016年度の瀬戸内国際芸術祭

今年は有休とって行くぞ!っていう意気込みなんですが、芸術作品の展示期間や営業時間が分からなかったので旅行計画が立てられなかったんです。

しかし、やっと届いた!公式ガイドブック!

 

これは作品・作者さんの詳細・見所全国から香川県の高松への行き方からそれぞれの島へのフェリーの時間、さらには宿泊施設も載っている完璧なガイドブックなのでこれを買わないと正直、旅行計画を立てるのが非常に非効率です。

むしろ、ないと立てられませんので早く手に入れておいた方が吉でしょう。売り切れても、地方だとたぶん近所の本屋さんでは買えません。

 

っていうことで、これからじっくりと計画していきたいと思います。

 

それでこの記事をもくじとして使っていきます。

ブログを更新するたびに内容を追加していく予定ですので、こちらのページをお気に入りに入れておくと便利かもしれません。

※以下、随時更新(最終更新日:2016.5.30)

スポンサードリンク

 

[準備・下調べ編]瀬戸内国際芸術祭の開催期間と会場の島々、その他情報

瀬戸内国際芸術祭2016

会期と開催地

  1. 春:2016年3月20日[日・春分の日]—4月17日[日]29日間
  2. 夏:2016年7月18日[月・海の日]—9月4日[日]49日間
  3. 秋:2016年10月8日[土]—11月6日[日]30日間 以上、合計108日間

直島 / 豊島 / 女木島 / 男木島 / 小豆島 / 大島 / 犬島 / 沙弥島[春のみ] / 本島[秋のみ] / 高見島[秋のみ] / 粟島[秋のみ] / 伊吹島[秋のみ] / 高松港・宇野港周辺

 

作品鑑賞パスポート・フェリーの乗船券について

一般:4000円(当日5000円) 高校生:2500円(当日3500円)

 

パスポートは春期・夏期・秋期を通じてずっと使えるお得なチケットで、約200作品がこれ1つあれば見ることができるので超オトクです。前売りは3月19日までで通常の値段よりも1000円安いです

ただ、これがお徳なのは値段だけではありません。ものすごい数の芸術作品を見て回るので、お金を出す手間・回数もハンパじゃありませんので絶対買った方がいいでしょう

 

 

1日目 高松/豊島/犬島の見所と食事

  1. 高松駅 徒歩1分!朝早く5時からやってるセルフうどん『味庄』で朝ごはんを食べる!
  2. 豊島・犬島日帰り観光!(前編)ツアーじゃなくても楽しめる所要時間・ルートと見ておいた方がいいお勧め作品!
  3. 豊島・犬島観光半日コース!(後編) 犬島精練美術館と家プロジェクトが見所
  4. 高松名物はうどんだけじゃない!蘭丸の骨付鳥『おや・ひな』で晩御飯!
  5. 川福本店は高松駅近郊ならダントツ美味い!

 

高速バスで朝到着してずっと動きっぱなしだったので、かなりハードスケジュールでした。でも、高松駅前のビジネスホテルに泊まったので、それなりにゆっくり休むことができました。

 

2日目 女木島と男木島のモデルコースと車で行く4軒のうどんツアー

  1. 女木島の作品は所要時間2時間で充分楽しめる
  2. 男木島観光!女木島とどっちが楽しい?瀬戸内国際芸術祭ではフェリー時間を考えて楽しく回ろう!
  3. あつあつ・ひやひや発祥のお店!宮武うどんは麺もつゆもサービスもヤバい!
  4. 食べログうどん部門1位!長田in香の香の釜揚げうどんと冷やしうどん両方美味い
  5. 善通寺市にあるぶっかけうどん発祥の店『山下うどん』。薄味でさっぱりした旨さがたまらない。
  6. カルボナーラみたいな釜バターうどん以外もうまい!行列のできる『うどんバカ一代』はメニューも豊富![香川県高松市]

2日目の瀬戸内国際芸術祭は女木島と男木島の観光でした。フェリーの発着時間の関係上、早く切り上げてきたので、うどんの食べ歩きならぬうどん食べドライブをしてきました。

高松グルメを堪能するのも旅行の楽しみの一つですよね。

 

3日目 瀬戸内国際芸術祭の小豆島は公式ガイドブック通り12時間かかったぜ

  1. [瀬戸内国際芸術祭]小豆島はバスよりレンタカー借りて車で回る方が断然お勧め!実際、午前半日で回った鑑賞した作品はこちら!(前編)
  2. エンジェルロード以外も見所満載の小豆島!半日で見れる瀬戸内国際芸術祭おすすめ作品と感想(後編)
  3. 高松駅の超近く!徒歩圏内のさぬきうどん『めりけんや』は親切・丁寧でうまし!

 

前回は4日間いきましたが、休みが取れなかったので、今回の2016年度は3日間楽しみました。

帰りも高速バスに乗って帰りましたが、やっぱり時間を有効に使えたので良かったです。↓の2013年の瀬戸内国際芸術祭ではレンタルバイクで回りました(@その記事は誤って削除。。。)が、レンタカーも事前予約していかなかったのに手配できたのが幸いでした。

 

 

2013年瀬戸内国際芸術祭、過去の関連記事紹介

こちらは過去の記事で参考になりそうなものをピックアップしました。前回のものなので撤去されている作品やフェリーの時間がことなる場合があるので注意してください。

  1. 開催期間中と期間以外で、瀬戸内国際芸術際を効率的に巡る上で注意しなければならない重要な事
  2. 瀬戸内国際芸術祭 2013がついに開催!見所と絶対に行った方が良い理由とピックアップ芸術作品
  3. 瀬戸内国際芸術祭の宿泊は高松港周辺で泊まる方が効率的
  4. 瀬戸内国際芸術祭の交通手段と、夏期に見ておくべき作品はどれ?[直島/豊島/小豆島を中心の旅行記より]
  5. 高松港から犬島と豊島を高速船を使い倒して巡った弾丸モデルコース
  6. 女木島と男木島の観光の所要時間がは?どっちが見所のあったのか?
  7. 高速船・フェリーの時刻表との戦いの末、沙弥島と直島を最大にアートフェスティバルを制覇した

 

瀬戸内国際芸術祭のうまく回るまとめ

私は前回の2013年の開催中に4日間みっちり回って十二分に堪能しましたが、それでは飽き足らず開催期間以外で2回ほど行ってきました。それくらいのハマリ様です。超楽しいし、ボランティアの方とかの姿もすごく印象的だった記憶があります。

 

このブログでも2013年に展示されていた作品や効率的にフェリーで島々回っていく方法1泊2日でいく場合のモデルコースなんかを書いていましたが、誤って削除してしまっていたのに、最近気が付いたっていう悲しい出来事が・・・。。。

今回も2~3泊していく予定なので、その計画ができたらドンドンアップしていこうと思っていますので、香川県・瀬戸内国際芸術祭 のカテゴリをごらん頂くか、記事下の関連記事をご覧になるか、ブログ内検索をしてみてください。

スポンサードリンク

もっと関連記事を読んじゃう

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ