安くて美味しいお米を求め、楽天で10年間米を買い続けて選んだお店ベスト3

スポンサードリンク

いっつも気になってはいたんだけど、値段が高くて買うのを渋っていたミルキークイーン

他のと品種と比べるとミルキークイーンは値段が1.3~1.5倍くらいしていたのでしぶっていましたが、楽天で低価格の口コミも良いやつを見つけたので頼んでみました。

 

で、1人暮らしを始めてからの8年間、安いものから高いものまで楽天で買い続けてきた私でございますが、おススメのお米のネットショップ屋さんが絞られてきましたのでご紹介します。

 

 

私が楽天でお米を買う理由と選定基準

楽天ミルキークイーン

『低価格で旨いお米はどこだ???』と思ったのをキッカケとして、楽天お米探しが始まりました。

 

夜食にご飯3合をふりかけだけで食べてしまうクレイジーな私なのに、米について何もシラネェ。。。ってふと思ったのです。実家で自分がどの品種を食べていたのか知らないし、味の違いなんてさっぱり分からなかったんです。

 

実際に購入して食べ比べてみると、味の違いもはっきり分かるし、同じ品種でも売ってるネットショップや収穫された年度で相当な味の違いがありました。

 

スポンサードリンク

で、私が楽天で購入する理由と基準としては、こんなところ。

  • 値段が安い(10キロで3000~4000円くらい?)
  • 重いものをアパートマンションまで運ばなくても良い
  • 楽天ポイントが使える/貯まる(購入・クレジット支払い等で数倍ポイントゲット!)
  • (美味しいかは買って食べて判断せざるを得ない )

 

実際に値段もずいぶんと開きがあって、種類やショップもたくさんあるので選ぶのに一苦労でした。

 

基準としては、こんな感じで選びました。

 

私は必ず5キロ×2つ(10キロ)を購入。

その理由としては10キロ1袋のだと開封してからの品質が落ちてパサパサになって美味しくないのがあからさまに分かりました。なので食べるなら、開封後の新しいものを食べたいという考えから5キロ袋のやつを買うようになりました。

 

1袋10キロでも値段は変わりませんが、「30キロで買いました~、一俵まとめ買い!」なんて方だと若干割安になるはずですがその辺は考慮してません。

 

安いこと!つーか、高いお金を出せるなら、選ぶ必要がないじゃん?

そりゃそうだ。安いにこしたことはないし、お金をどんだけでも使っていいなら、とりあえず高級品を買ってみればいいので選ぶ必要がありません。

そこで私の場合は、10キロ6000円以下のものを買っていました。これでもモノによっては結構いい金額出してるんじゃないかなぁ。だいたい3000~4000円だけど、最近は値段が鳥渡ずつ上がっている印象です。

 

送料が無料のもの

送料って馬鹿にならないですからね。特に重いものなので無料はありがたいです。っていうか必須でしょう。このへんを無料にするかしないかで売り上げがン十%変わるのに、お米屋さんなんでしないのって思います。やってるお店は売れてますよ。
って愚痴のあとに宅配業者さん、いつも思い荷物ありがとう。そして、ごめんなさい。

 

お米が美味しい・ご飯が進む

うまいにこしたことはないんですが、これは個人の感覚によって基準が異なるので難しいところ。

もちろん、食べてみないと旨いかどうかなんて分からない。好みもありますし、主観要素が半端ないのでカッコ書きにしてみました。主張は控えめにw

 

多少は口コミや評判のレビューがあるもの

全く購入者レビューがないものは買っていません。

もし、ハズレ米だった場合、それをしばらく食べ続けないといけませんからバクチはしてません。だから、コメント数ができるかぎり多いお米を買ってレビューしました。

 

 

(▼時々、無洗米を選んでた理由:下記の画像参照)

高くつきますが、時々無洗米を買っていました。買い始めたキッカケはシンプル。何か粉っぽい悪いイメージがあるんだけど、、、、味ってどんなんだよ?って思ったのが始まりです。

全然、問題ない!旨いです!

 

『夏はキャンプやバーベキューが大好きなので、現地で洗わなくてもいいように便利だ!』ということと、『冬はコメを研ぐと、手が冷たくて死ぬからヤダ!』っていうのが大きなきな理由です。(爆)

 

 

美味しいお米の代表格と僕的ランキング

お米の品種も知らないのを含めると相当な数がありますが、おいしい有名な品種の代表格はこの辺でしょうか。

  • コシヒカリ
  • ひとめぼれ
  • あきたこまち
  • ササニシキ
  • (初購入)ミルキークイーン(品種改良のハイブリッド品種)

 

上記のを楽天で物色しました。

売られている値段もピンきりですが、そこそこ・・・いや、相当安めで、かつ同じ産地・年度・品種でいろいろ食べ比べてみましたが、奥が深すぎる…というのが正直なところ(爆)

 

そして、総合的に判断した結果、旨くて安いのはやっぱりベタですが以下のものになりました。

(※クリックすると大きくなります。値段など細かく見れます。)購入したお米一覧

 

コシヒカリ

福井県で誕生した米の代表格である。 コシヒカリという品種は1つであるが、コシヒカリという銘柄(消費者が買う段階の商品名)にはコシヒカリ(品種)と多数の品種を含むコシヒカリBLという品種群が含まれる。
コシヒカリ(品種)は、昭和から平成にかけて、福島県、新潟県以南の日本各地で栽培される品種である。

米の粘りが強く食味に優れる品種であるが、栽培上は倒伏しやすい、いもち病などに弱いなどの欠点も併せ持つ。

コシヒカリ – Wikipediaより引用

確かに一番購入頻度が高くて、ずいぶんと比べました。

やっぱりいいなー。確かにんまい。モチモチ感はあるけども、年度・ショップによっても大きな差がで安いと激しく思いました。高ければ美味しいっていうのも間違いで、安くても良いヤツはいいです。

 

ひとめぼれ

良食味と耐冷性を併せ持つ品種の育成を目的としたコシヒカリと初星との交配から育成が開始された。

また食味については、柔らかく冷めてもおいしいのが特徴との評価がある。

ひとめぼれ – Wikipediaより引用

コシヒカリの次によく買っていました。コシヒカリよりも甘みが抑えられているものが多く、ネットリ感は少な目のものが多かったですね。

これもも良いやつは良いですが、全般的にな個人的な好みをいうとこうかな。

コシヒカリ > ひとめぼれ

値段にも表れていますね。

 

ミルキークイーン

コシヒカリをベースに日本で改良された低アミロース品種で、コシヒカリと同等の形態・生態的特性や栽培特性を持ち、東北地方南部が栽培の北限となっている。

玄米はやや白濁している。炊飯すると光沢がよく、アミロース含量は10~12%とコシヒカリより45%程低いため粘り強い。通常の米よりも軟らかくなりやすいため加水量を10~15%ほど減らすと適度な硬さが得られ、冷えた後も硬くなりにくい。

ミルキークイーン – Wikipediaより引用

これ、買ったミルキークイーンだよおお

確かに一番モッチリとしていて粘性が半端なかった。値段も3799円の安いヤツだったのに、粘りと甘みが強かったので個人的には好みです。初チャレンジだったので、次から色んなショップで野も頼んでみようかと思います。

いつも通りに米を炊いたら、ベッチョリとなりすぎてしまったのでいい勉強になった。

 

楽天おススメショップベスト3!!といろいろ比較したまとめ

安い・旨いだけじゃなくて、発送が早いなんてことも重要な要素です。いつもなくなる間際じゃないと注文しないので^^;

それで厳選した楽天ショップとしては、この三つに絞られました。

 

3位:おこめの鬼平

初期に毎回買っていたお店です。

種類が豊富ながら低価格が売りですが、発送も早かったです。

 

 

 2位:ハーベストシーズン

いろいろ試した結果、コシヒカリを買うならここです!
他のお店のも買いましたが、値段と旨さの釣り合いを考えるなら間違いなくココでしょう。

▲購入一覧の画像からも、私が鬼リピーターっていうのが分かると思います。

 

 

1位:会津CROPS米直販

堂々のトップに躍り出たのはこちらです!!!

1位と2位は甲乙付けがたく相当悩みました。

しかし、価格と値段、発送の早さとメッセージの返信などを総合的に判断させてもらった結果、0.1mmの差で会津さんに軍配が上がりました!

楽天 米ランキング(デイリー)

 

まとめるとこんな感じ。

  • おいしい品種でも、当たり年もあればはずれの時もある
  • 当たり年の産地が同じお米を買っても、お店によってもずいぶんと味が違う
  • 高い=うまいじゃない
  • やっぱ、ネットリ・モチモチ派はミルキークイーンかコシヒカリ
  • おかず好きで、主食が主徴して欲しくないならひとめぼれ(癖がなく何料理でも合う)
  • 日本人なら米を食べよう
  • 10年以上経過しましたが、ここで紹介したショップは接戦で多少の値段の上下はありますが非常にクオリティが高いままです^^すばらしい。

 

やっぱり、ライスはうまいのを食すに限ります^^

スポンサードリンク

もっと関連記事を読んじゃう

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ