ブログ用の最強デジカメ!室内撮影が最も明るく撮れるパナソニックのLUMIX DMC-LX7を購入した理由と感想

スポンサードリンク

ブログに載せる写真を撮るコンパクトデジカメを新調しようと価格コムとかの口コミやレビューを見ながら悩んでいて、最終的にPasonicのLUMIX DMC-LX7を購入しました。

以下は私が買う条件や使い勝手などの独断と偏見に基づいた購入ガイドです。

スポンサードリンク

 

ブロガー用のコンデジ購入の条件

  • 5万円以内のコンパクトデジカメ
  • 明るい写真が取れること(F値が2.0以下)
  • ソニー製品はちょっとやめておく

先日の旅行でも大活躍してくれたのですが、最近のデジカメの低価格と値段以上の性能と細かなモード設定がすごいなー。3,4年前のものは、もう使えないですね。。

最近のデジカメは良いやつでも1万ちょっと出せば買えてしまう世の中。5万も出せば国内の最高級コンデジはおろか、一眼まで変える値段ですが、プロブロガーさんをはじめ、いかに作業工程を少なくして、効率を高めるかなんてことも視野に入れていたので、値段はユルめに設定。

上記の条件で候補に挙がってきたのが、以下です。

  1. PowerShot S110(CANON)
  2. GR DIGITAL IV(リコー)
  3. LUMIX DMC-LX5
  4. LUMIX DMC-LX7(パナソニック)
    価格.com比較(PowerShot S110、GR DIGITAL IV、LUMIX DMC-LX5/LX7)

結局、LX5は型が古かったことで取扱店が少なく入手が難しかったこと、GRは知人がみんな持っているのでマネしてるみたいだなーと思ったことで保留にしました。ソニーはソニータイマーがあるし、今までのソニー製品はやっぱりことごとく壊れたので。

で、結局は条件の室内で最も明るく撮れるものっていう根本に行き着いて購入しました。

パナソニックのLUMIX DMC-LX7は接写とボケがすごい

LUMIX DMC-LX7 iPhone5撮影画像

F値が1.4とコンパクトでは世界最高水準クラスで明るいモノが搭載されていて、暗い室内で撮るとき、背景のボケが凄かったです。一眼レフのレンズででせっせと色々設定して撮ったみたいで、一眼の使用率が減るな、こりゃ。

1cmまで寄って撮れるし、ブロガーさんご愛用のGRシリーズと引けをとらない。

シーンモードとクリエイティブコントロールの種類が豊富で細かな設定いらず

殆どの場合、カメラ任せの撮影で問題ありません。
LUMIX DMC-LX7の撮影モードのインテリジェンスオート(普通のオート撮影機能)、シーンモード(SCN)、クリエイティブコントロールモードの3つで事が足りました。

 

シーンモード(SCN)で良く使う設定と画像

WS000045

これも16種類のモードから選べますが、接写用撮影に料理、夜景の時、パノラマモードの3つを良く使っていました。下記の写真をクリックして画質等を見てください。

料理の写真をブログに載せたりする事が多いと思うんですが、カメラ任せでこの画質とボケはハッキリ言って凄い。

P1000195

カメラをゆっくり回していけばぱのらま写真の出来上がり。

LUMIX DMC-LX7パノラマモード

 

クリエイティブコントロールモードで良く使う設定と画像

WS000046

16種類の好みの色調に合わせた表現が楽しめるといったもので、ジオラマモードとトイフォト、ワンポイントカラーのモードをちょくちょく使って遊べました。下記の写真をクリックして画質等を見てください。

 

ジオラマモードも遊び心が満載で素晴らしい。

LUMIX DMC-LX7ジオラマモード

ワンポイントカラーというのは、一部分だけ際立たせてカラーにしてそれ以外はモノクロにする撮影モードです。下記のようになります。

通常のオートだとこんな感じ。P1000220
ワンポイントカラーモードの撮影だとこんな感じ。P1000223

画像修正もせず、こんなことができるなんて最近のやつはすげぇなー。

LUMIX DMC-LX7のスペック・仕様

メーカー型番 DMC-LX7-K
寸法と質量 高さ6.71×幅11.05×奥行4.56cm(突起部を除く)

高さ6.71×幅11.05×奥行4.56cm(突起部を除く)

有効画素数 1010万画素
レンズ LEICA DC VARIO-SUMMILUXレンズ 光学式手ブレ補正機構内蔵
光学ズーム 3.8倍
超解像 最大2倍
EX光学ズーム 最大6.7倍(400万画素[3M]以下のモード時) ※商品本体での使用時はEX光学ズーム(Ex.optical Zoom)を省略し、EZと表示されます。各アスペクトでの最大記録画素数以外の記録画素数を選ぶと、ズーム倍率が自動的にアップします。
デジタルズーム 最大4倍 (超解像iAズーム時は2倍)
開放絞り(F値) F1.4~F2.3
焦点距離 f=4.7mm~17.7mm(35mm判換算 : 24mm~90mm相当)
撮影素子 1/1.77型高感度MOS 総画素数1280万画素 原色フィルター
手振れ補正 POWER O.I.S.(ON/OFF)
ISO感度

(標準出力感度)

オート/i.ISO/80/100/200/400/800/1600/3200/6400※/12800※ (6400を超えるISO感度は画素混合駆動) ※[拡張ISO感度]を設定時のみ。
シャッタースピード 250~1/4000秒
撮影モード インテリジェントオート/P/A/S/M/カスタム1・2/クリエイティブ動画/クリエイティブコントロール(ポップ/レトロ/ハイキー/ローキー/セピア/ハイダイナミック/ジオラマ/トイフォト/ソフトフォーカス/インプレッシブアート/ダイナミックモノクローム/ワンポイントカラー/クロスプロセス /クロスフィルター/露光間デフォーカス/露光間絞り)/シーン(人物/美肌/風景/夜景&人物/夜景/料理/逆光補正HDR/赤ちゃん1・2 /ペット/夕焼け/手持ち夜景/ガラス越し/スライド3D/パノラマ/スポーツ)
動画 [AVCHD]設定時 1920×1080(PSH : 28Mbps)、60p記録(センサー出力 60コマ/秒)、1920×1080(FSH : 17Mbps)、60i記録(センサー出力 60コマ/秒)、1280×720(SH : 17Mbps)、60p記録(センサー出力 60コマ/秒)、[MP4設定時]1920×1080(FHD : 20Mbps)/1280×720(HD : 10Mbps)/640×480(VGA : 4Mbps)、(センサー出力 30コマ/秒)、[MP4 : ハイスピード動画] 1280×720(HD) 120fbs
連写 通常連写 : 約11コマ/秒 最大12コマ(スタンダード/ファイン)、最大5コマ・2コマ/秒(AF追従)、高速連写 : 約60コマ/秒(速度優先)、約40コマ/秒(画質優先)
内蔵メモリ 約70MB
付属品 バッテリーパック、バッテリーチャージャー、USB接続ケーブル、CD-ROM、レンズキャップ、レンズキャップひも、ホットシューカバー、ショルダーストラップ(メモリーカードは別売)
価格.comスペック情報 パナソニック LUMIX DMC-LX7-K [ブラック] スペック・仕様

 

LUMIX DMC-LX7の使ってみた感想と残念な所

私が買ったときは価格コムや楽天の最安値42000円位だった商品が、現在は33000円と1万も下がった、、って仕方ないんですが。。。凄い激安戦争。

LX7の口コミを見てみても評価は良かった。
実際に使ってみて使い勝手は非常に良くって、旅行中に一日中使い倒してもバッテリーも全然減らないので、これはオススメ。

 

ただ、残念な所をあげると上記の価格コムの比較でもわかりますが、ちょっと重た目でレンズが出てくるタイプなので、携帯性が若干悪くて、このタイプで即座に撮影できるカメラケースの種類があまりなかったこと。

ブログの写真を用意するのに、毎日一眼レフを持っていくのは結構大変です。
写真を撮るのが億劫になるよりは、ちょっと値段は張りますが、これ位画質が良くて表現力が出るものを持ち歩くのが、ブログを続けるコツなんだなーと思いました。

スポンサードリンク

もっと関連記事を読んじゃう

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ