電子レンジで簡単居酒屋料理!ニラユッケでお酒を美味しく飲みましょう!

スポンサードリンク

茹でずに電子レンジでチンして調味料をかけるだけの簡単レシピ!

たったこれだけで、今まで味わっったことがないニラのシャキシャキっとした食感の居酒屋メニューが簡単に作れて食卓に並びます

旦那さんが仕事から帰って来た時の晩酌に、簡単おつまみもう一品。

そんな夜にはいいんじゃないでしょうか!?

 

ではでは、いってみましょうっ。

 

ニラユッケの材料

  • ニラ:一束
  • 生卵:1つ
  • ごま油:少々
  • 醤油:少々
  • 塩:少々(親指と人さし指でつまめる量)
  • (お好みでラー油:少々)

たったこれだけです。
ニラ以外は家庭に常備されていると思うので、本当にいつでもできます。

特に冬にキムチ鍋をするときにニラを大量に買い込んでしまう時があり、その時に余ったニラでニラユッケを作ることが多いです。

ニラ1つ98円と言う時もありますが、安い時期・安いスーパーだと2本で98円なんてお店もありますよねw^^

醤油に塩にごま油、とメチャクチャ濃い・辛いイメージを持たれることが多いのですが、生卵と混ぜるので結構多めに調味料を入れても全然辛くないです。むしろ、多めに入れたほうがお酒が進みます。

スポンサードリンク

 

 

まろやかで美味しいニラユッケの作り方

1.ニラを切って根本だけ電子レンジにかける

ニラユッケ

 

ニラを5~6等分にして切って、根本の芯がある硬い方だけをお皿に盛りつけます。生卵の黄身を投入する部分をあけるよう、皿の外側に盛りつけてくださいね。

ニラユッケ

盛れたら電子レンジにかけます。

レンジのワット(W)数によって調理時間が違うので、下記を参照にするか直接確認しながら行います。

  • 500〜600W:30〜40秒
  • 750〜800w:20〜30秒

レンジ用調理時間変換

以上の時間を目安に温めますが、ちょっと柔らかくなっていればOKです。

 

2.残りのニラを盛りつけて、さらにレンジでチンする。

こちらも上と同様にタマゴの黄身を添えることができるように、真ん中をあけて外側において更に温めてください。モリモリだなw

ニラユッケ電子レンジ

  • 500〜600W:30〜40秒
  • 750〜800w:20〜30秒

これも同じくらいの時間でいいですが、ニラのシャキシャキとした食感を残すためには確認しながらがいいと思います。

 

3.レンジが終わったら、生卵と調味料を乗せて完成

ニラユッケ完成

いい感じの柔らかさになったら、生卵の黄身だけを取り出して真ん中に添えます。
そして調味料を全体的にまぶしたら完成です。

 

 

ニラユッケレシピのポイント

ニラユッケ完成

生タマゴと混ぜるので思っているよりも辛くないので、結構調味料を多めにかけることがポイントです。

個人的には塩を多くするよりも醤油を多めの方がおいしく、ごま油を多めにすると風味豊かで◎です^^塩は1つまみ、マックスでも2摘みくらいがいいかと思います。

 

ニラユッケ完成旨い居酒屋レシピ

ここが最大の注意点でして、ヘニャヘニャにヘタるまで電子レンジで調理すると、食感が損なわれるので注意してください。

餃子をよく作るご家庭だとラー油が完備されていると思いますが、よほど高頻度で餃子パーティをしない限り、ラー油ってあまりませんか????

そのラー油を無駄にしないように、ラー油消費のために投入することも多いです。

 

食べる直前に卵とニラを混ぜ混ぜしてたべてください~。

結構はまりますので、一度ご賞味ください!

スポンサードリンク

もっと関連記事を読んじゃう

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ