[長島スパーランド]ジェットコースター俺的ランキングTOP9!

スポンサードリンク

平日は遊園地が熱いぜ。
っていう考えから、平日に暇があったらフラッと遊園地に出かけます。

三重県は遊園地大国ですからね、鈴鹿サーキットに志摩スペイン村、
そしてナガシマスパーランド。

 

ナガシマスパーランドで面白いアトラクションといえばジェットコースター

ここは以前に住んでいた桑名市にあるテーマパークですが、伊勢湾岸自動車道で高速が通ってからは交通の便もよくなって、お隣の愛知県からだけ出なくて関東や関西からも短時間でこれるようになったのでお客さんがたくさん来ています。

 

それ以外でナガシマリゾートでは、『なばなの里のイルミネーション』が全国的にも有名になってしまって全国的に観光ツアーもありますので、。そのほか、お買い物目当てでジャズドリームとかね。(おかげで大渋滞でええ迷惑でしたよ。。。)

 

 

そんな感じで少し影を潜めた存在になってしまっていますが、やっぱり自分としては昔も今も『遊園地 長島』と言えばジェットコースターなんです。

これに乗らないと遊びに行く意味がありませんっていうくらいなんで、一度はスリルを味わったことがある人も、まだ乗ったことがない人ももっとドキドキハラハラと度肝を抜かれてください!

 

今日は、スリルとスピードの爽快感を楽しめるジェットコースターの絶叫度合いを独断と偏見で順位付けしてみたよ。遊びに行く方は参考にしてください~~~。

なお、動画は楽しみを半減させてしまう可能性があるので見たい人だけ見るようにしてください~。

 

 

9位:ジェットコースター 身長関係なし!小学生から乗れる!

(ジェット、チルドレン、マウスさんより引用)ナガシマスパーランド ジェットコースター

名前まんまです(爆)。木箱のコースターにのって森の中をまった~りと走り抜けるますが爽快感がありますが、絶叫感はありませんwww

スピード系マシンが苦手な人、幼稚園でもいけそうですが小学生からなら乗れるので身長は気にしなくても大丈夫な安心できるやつです。

 

この乗り物は絶叫系とは言いがたいのでランキングに入れようか迷ったんですが、自分はホワイトサイクロンとかスチールドラゴンに何回も盛り倒して、変える直前の1番最後にクールダウンのために毎回乗るのであげてみました。m(_ _)m

 

 

8位:コークスクリュー

コークスクリュー

連続で2回転するナガシマスパーランド初代絶叫マシンってことですが極めてシンプル。

可もなく不可もなく、身長さえクリアしていればお子様でも楽しめるし、すぐに終わっちゃいます。2連続するときのスピード感と言うか、店舗のよさと歯切れのよさは意外に好きです。ただ、ジェットコースター好きのマニアには全然もの足りないはずです。

 

 

7位:シャトルループ いきなりトップスピードに乗っちゃうスピード系

シャトルループ

入場して1番最初に目に入ってくるやつです。

静止状態から一気に時速90km/hでロケット発進してイキナリトップスピードに持っていくのが最大の特徴です。そして、一回転して頂上で一瞬停止したかた思うと、次は後ろ向きのまま一回転してそのまま同じトップスピードで逆走!

長島 ジェットコースター シャトルループ

これに最初に乗ったのは小学生のときでしたが、メッチャ怖かったのを今でも覚えています。

スポンサードリンク

ジェットコースターは始まると上に上がって、ドーン!とドロップするものが多い中、いきなりトップスピードに乗ってしまう系の元祖じゃないかなぁ。今では富士急に抜かれていますけど、しょっぱなどっひゃー系は何回乗っても面白いですね。小学生くらいだと刺激が強いかもです。

 

 

6位:ルーピングスター

長島 ジェットコースター ルーピングスター

全長590m、高さ24.5mから急降下~回転、8の字ツイストが楽しめるシンプルなやつです。 ファーストドロップも視界内に入る大きさなので、ジェットコースター初心者や小学生にも安心して乗れます

非常にシンプルでこれぞ元祖ジェットコースターって思える乗り物でして、意外に待ち時間も少ないので個人的にはけっこう好きなんです。

 

 

5位:ダブルワイルドマウス

IMG_2959

小学生とかが並んでいますが、これ以外に怖えぇんです。。。Σ(‘∀`;)

 

カタカタと上がっていくのは別に普通なんですけども。。。

ナガシマスパーランド ジェットコースター45

全長400mのコースを小型ビークルが右に左にキュンキュン急旋回する、思わずコースから振り落とされるようなスリル感が味わえる!って公式サイトの説明文でもありますが、小さいコースターゆえにカーブの半径が小さいので、その遠心力はものすごい!

速さとか高さとかじゃなくって、その本当に落ちそうになる感が恐いっす。。。未経験の方は必須です。

 

 

4位:フライングコースター アクロバット

長島 ジェットコースター1

去年の夏くらいにできたばかりのフライングコースター アクロバット。この度初乗りでした。

詳細としては、うつぶせのまま地上43mまで上昇し急降下しますが、全長1021mのコースを360度の宙返りループ、最高速度90 km/hの速さで水面を近くをドピューンと飛びぬけます。

 

フライングコースターとしては日本唯一で日本一!っていうことらしいですが、どこかで見た感が否めないのは気のせいでしょうか?

フライングコースター アクロバット

初めて乗ったのでドキドキ感はありましたが、宙釣り系は他の遊園地のやつでなれているのもあってそこまでドキドキって言う体勢ではありませんでした、っていうのが第一印象。

その姿勢のままプールというか池の上をビューンっと飛ぶときはうおおってなりましたけども、富士急のドドンパとかに比べたら全然です。

 

 

3位:ウルトラツイスター

昔はナガシマコースターは、赤、青、黄色とかで通用していましたけども、いつの間にか塗装がかわっちゃってますね。これって何色やったかなぁ、赤??

 

ウルトラツイスター

これもも昔からあるやつですね。

頂上に向かってのぼりつめたコースターが、いきなり前を向いて垂直降下して、さらにきりもみ状の回転に突入、とまったと思ったら今度はバック落下で一回転っていう

 

 

2位:スチールドラゴン2000

長島 ジェットコースター20

人気ナンバーワンのジェットコースター!こちらは2013年の3月に斬新な車両にフルモデルチェンジされました。

こちらの特徴と言うと、乗り物自体を覆うカバーがなく、腰をかけても足が床に着かない状態になるって走行するので『ふわっ』した無重力状態で、なおかつ下の走路をマックススピードで駆け巡るのでスリル満点でございます。

  • 最大高さ: 97m(日本一)
  • 最大落差:93.5m(日本一)
  • 最高速度:153km/h(日本2位)
  • 走路全長:2,479m (世界一)
  • 最大斜度: 68度
  • 乗車時間:約210秒
  • 最大荷重: 3.5 G

なんといっても、一番高いところに行き着くまでの長い時間のドキドキ感はハンパない!

溜めて~~~・・・からの急降下!!!!!は一度味わったら病み付きです。

 

自分はナガシマに行ったら2~3回乗ります^^

 

 

1位:ホワイトサイクロン 世界最大級の木製コースターは脳内の振れがヤバイ!

長島 ジェットコースター8

1位はやっぱりコレ゙!o(゚Д゚)っ!!!

全長1715m、高さ45.5m、最大落差39.3m、最高速度102km/hで駆け抜ける世界最大級の木製コースターということで、完成当初は大々的に宣伝されました。今でも覚えていますわ~。

 

スチールドラゴンと比べて速さや落差は大幅に劣るものの、あの巨大な走向コースの存在感と木製ならではの壊れないのかよ的な。

 

乗った感覚としては、なぜかスチールドラゴンと変わらないくらいの落差を感じてしまうのと、コースが頭が当たるんじゃないかっていう接近感。

そして、『おいおい!!!揺れすぎいいぃぃぃぃぃぃ!』・・・・っていうスリル。

 

この3点がありまして、堂々の1位に君臨しました。

IMG_2942
率直に乗った感想を言うと、あのガタガタ感が凄くて脳内が揺さぶられすぎて、終わった後新津もグッタリしてしまうほど。それが不快と取るのか、面白いと取るのかはあなた次第です!けども。

こちらもナガシマに行ったら2~3回乗ります、時間があればですけども。

 

 

長島絶叫系まとめ!とオマケで待ち時間情報

1位のホワイトサイクロンと2位スチールドラゴンは、甲乙付けがたくて迷いましたが、わずかな差でホワイトサイクロンに軍配が上がりました。

スピード・落差重視か、接近感・圧迫感の視覚重視かっていう所で好みが別れそうですね。皆さんはどれが好みだったでしょうか???

 

また、待ち時間ですが、私は夏休みや冬休みなどの小中学生や高校生が長期の休みを外した平日しか行かないので、その辺を考慮して参考にしてください。

やはり、人気のホワイトサイクロンやスチールドラゴンは40~60分待ちが多かったです。でも、込み具合が掲示してあるので、オープンと同時にダッシュで動ける場合やお昼時なんかは、待ち時間は少なくなるのでご飯とかをずらしてやれば、もっとうまく回れると思います^^

 

もっと写真や動画を撮っていればもっと臨場感あるランキングがかけたのかなぁっと思います。年に3~4回は長島に行っているし、上手な並び方とか、込み合わないトイレの場所とかも網羅しているので、もっと楽しみ方をレビューしていきたいですね。^^

スポンサードリンク

もっと関連記事を読んじゃう

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ