天津飯が人生で最も美味かった店が台湾料理『味加』だ[三重県桑名市]

スポンサードリンク

三重県全域のグルメリサーチをしていて、最近新しいをお店がたくさん出てきているのが桑名市です。

そんな中、まだまだ現役のこのお店。台湾料理屋さんなのか、中華料理屋なのか、居酒屋なのかわからないポジションを保っていて、久しぶりにやってきたのはここ。

三重県桑名市にある台湾料理『味加』というお店。

 

台湾料理とはいっても、ごくごく普通の中華料理メニューがほとんどなので、うまい中華料理屋さんって思ってもらった方が馴染み深いかな~と思います。

mika-taiwan-tyuuka-ryouri3

桑名駅からだと徒歩20分くらいの街外れにあるにもかかわらず、深夜3時までやっているというお店で、飲みの2軒めに来る系のお店って言う印象。桑名駅周辺の居酒屋とかが閉まっていても、こちらに来れば一杯飲めるというのが便利なところです。

 

グループで歓送迎会とかで食べに来ているお客さんも多かったですね。私の場合は、夜中にお腹がすいたときとかにちょくちょく来ておりましたw

スポンサードリンク

 

天津飯の味が変わってしまったのか? 今回の私的評価はいかに?

私が今まで食べた天津飯の中で1番おいしかったのが、何を隠そうこのお店なんです。ただ、それから何度かお店に足を運んで天津飯を食べたのですが、しばらく遠のいておりました。

 

その理由は「自分好みの味とかけ離れてしまった」ということ。

 

正直、なんで???って感じだったんですけどもね。

その理由はわからないんですが、シェフが変わってしまったのか?、料理に一貫性がないだけなのか?その詳細はわかりません。

 

 

スタッフの方が多くて仕事もスムーズ。テキパキとこなしていました。台湾の方?中国の方?

 

今日はちょっとお腹の減り具合が微妙だったので、少なめに注文しました。

 

こちらは青菜炒め

mika-taiwan-tyuuka-ryouri7

さっぱりと食べれそうですが、かなりしっかりとした味付けで目視で確認できるくらいのニンニクがパンチがあってンマイ!

これはかなりお酒に合う感じですね。もちろん濃いめがにつけで私好みです。

 

 

こちらがみんな大好き焼き餃子。

mika-taiwan-tyuuka-ryouri2

皮はパリッとしつつ、なかの具材は固まりすぎずにほろっと崩れる包み具合でグッド。
もちろん、こちらもニンニク強めのお父さん大好きな味付けでっす!
 

唐揚げを頼みたかったんですが、さすがに量が多くてパンチがあるのは食べられないっていう判断で、手羽先の唐揚げをご注文

mika-taiwan-tyuuka-ryouri6

見た目通り、外はパリパリとした食感に中はふっくらとしていてジューシーさを残しているので旨味も閉じ込めております。うまし。

 

そして、ついに・・・

 

キタ━━━━━━\(゚∀゚)/━━━━━━ !!!!!

 

こちらが、久しぶりに注文してみました天津飯!

mika-taiwan-tyuuka-ryouri1

以前はもっと薄めの黄金色をしていた中華あんでしたが、味が変わってしまった時と同じちょっと濃いめの茶色でした。ちょっち心配な・・・

 

 

 

ヒサシブリのひと口!

 

 

う・・・うまい!

mika-taiwan-tyuuka-ryouri0

大好きだったころの天津飯の味にかなり近くなっていて相当旨いぃ。味がもとに戻ったね。

醤油ベースの味がきつ過ぎず、みりんとお酒かな?の甘みで、いい意味で色と相反していてしてかなりまろやか。タマゴの焼き具合、半熟具合のふわふわな食感もかなりいいです。相当いいです!!

 

 

ちょっとイマイチになっていて足が遠のいていて、久しぶりにやってきましたが、やっぱ、この店好きだわぁ~。まいうーっす。

 

味加の営業時間・定休日などの店舗情報

 

メニュー表

mika-taiwan-tyuuka-ryouri12

mika-taiwan-tyuuka-ryouri9

mika-taiwan-tyuuka-ryouri5

ご覧の通り、個人でやっているお店としてはお料理の種類も豊富です。

どれを食べても間違いない系ですのでおすすめです^^

 

 

帰ってきた天津飯まとめ

以前はかなり頻回に食べに行っていたお店の復活。これは嬉しい。

今の住まいから食べに行くにはちょっと距離がありますが、ポケモンGoのレアキャラ探しにナガシマスパーランドに行ったときとか、ジャズドリーム長島のアウトレットでお買い物したとき夜といいでしょう。

 

その他の桑名・四日市グルメのおすすめのお店はこちら。

スポンサードリンク

もっと関連記事を読んじゃう

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ