夫婦木神社は悩みが深い人は行かないほうがいいだろう[山梨県甲府市]

スポンサードリンク

今年、Bスポットで有名な愛知県の田県神社のチ●コ祭りに行ってきたんですが(@記事にしてない)、これまた同じ系統。って言ったら失礼ですが、男性のシンボルの形ご神木がある神社でに行ってまいりました。

 

行ってきたのは行ってきたのは金桜神社からすぐ近くの『夫婦木神社』(めおとぎじんじゃ)。
特徴としてはこんな所でしょうか。

  • 男性器と女性器の形をした奇木のご神木がある
  • 夫婦木神社は子宝、和合・生産・繁栄・結びの神として崇められている

 

正確には『夫婦木姫ノ宮の上社』(以下、夫婦木神社)の方で、『夫婦木神社 下社(姫ノ宮)ではありません。夫婦木神社の下社にあたる姫ノ宮はロープウェーのあたりにある方でございますので、ナビで行かれる人はお間違えの內容にしてくださいな。

が、あんまり参拝者はいませんでしたね。。。

スポンサードリンク

夫婦木神社のご利益は口コミ通りなのかはわからないけども、神に仕える者としてはどうかと思うぜ。

駐車場はあります。観光バスとかかいてあったけど来るのか?駐車できるのか?っていうくらい細めの道で、駐車場もそこまで広くはありませんでした。

夫婦木神社

夫婦木神社はカップルというか、夫婦で来ている人が多かったですが、神社巡りが好きだろうっていう老夫婦から、男一人で来ている人もいらっしゃいました。パワースポットブームで観光地化されてたからかなぁ、と思いました。

 

パワースポットとして参拝に行く人もいますし、安産祈願とか縁結びとか本気で悩んでいく夫婦や個人様もいるとおもうんですが、非常にビジネスユースで嫌な印象を受けたことと、大きな木があったなぁっていうこと以外にはあまり記憶にない神社で、ある意味で忘れることはないでしょう。

 

神社境内に生育している欅(けやき)の木は、幹の表面は女性の象徴、裏面はおしりがあらわれておいます。

また、この奥には樹齢1000年を超えていたといわれる栃の木(トチノキ)が御霊木として奉納されています。こっちが有名なんですね。実際に生えているわけではなくって、倒れたか伐採したかのやつをここまで運んだらしいです。

 

巨木マニアとしては神社境内にある欅の木はわりと大きめかなと思いますが、注目すべきはその異質な形でしょう。写真は撮ってません。

 

んで、上の社務所で入館料300円を払って、奥に案内してもらってご神木の利益等々を丁寧に説明してくれました。

 

写真撮影は禁止なので、社務所でお守りとか御朱印申し込む所にあった写真をパシャリとしたやつしかありませんので、ここからはテキストのみで想像していただくしかありません。

夫婦木神社

上の写真でわかるように、社務所奥の建物の中に奉納されていて山奥から切って持ってきた?倒れた?という大きなトチノキ。

その入口は女性の象徴に内部は空洞になっており、その中の上から長さ5メートル、周径2メートルの男性の象徴が垂れ下がっておいる。これは合体木なのか?

 

 

かなり長い時間説明してもらったので、それはそれで由来や経緯を知ることができて有意義でございました。

が、それが終わって社務所で御朱印をもらおうとしていると、おばさまの売り売り感が凄い。ものすごい。

「お札を買えば●●するよ!」

「みんな●●するよ!全国から毎日そんな連絡があるの!」

極めつけは、
「あんたら、●●かい?元○な●●を○○だんかい?」

等などとあり得ない暴言を老婆が立て続けに吐いた。
もう一回言おう。暴言を吐いた。

 

お宅の夫婦木神社はどんなお願いをする場所なんだい?そんな場所で使える人間が口から発することは普通あり得ない。ま、普通っていうのは私の基準ではあるけども、数多く参拝した神社ではもちろん聞いたことがないし、むしろ向こうからイケイケで話しかけてくる神社のひとも皆無だろう。

 

それを聞いた瞬間、本当に雰囲気が悪くなったことは言うまでもない。

 

夫婦木神社までのアクセスなど

  • 拝観料:300円
  • 電話番号:055-287-2020
  • 住所/アクセス:〒400-1218 山梨県甲府市御岳町2041

ちなみにロープウェー界隈も散策した時に夫婦木神社 下社姫ノ宮の前も通りましたが、入り口や階段などが草まみれで全く神聖な感じはありませんでした。

下社姫ノ宮の場所

 

まとめ

空気が読める賢い検索ユーザー様ならどんな内容だったのかは、伏せ字からおのずと想像がつくでしょう。公式サイトの掲示板でも、それなりの感謝の言葉がありますが、管理人さんの発言は遠回しにアレを求めている感が半端なくって残念極まりない。

 

今回の旅行で、山梨県はとっても気に入った土地だったので、また来年くらいに旅行にきたいなーとすでに計画していますが、この夫婦木神社には絶対に行かないです。信条から一般常識まで、お仕えの方には勉強しなおしていただきたいです。

自分は公平を保つライターなので、お店の対応もレビューも正直にやっていきますよ。

スポンサードリンク

もっと関連記事を読んじゃう

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ