金温州餛飩大王でワンタン麺と小籠包(ショウロンポウ)を食らう![台湾 高雄]

スポンサードリンク

台湾の旅行ガイドブックに載っていた金温州餛飩大王というお店にいってきました。

餛飩とは、繁体字では雲吞、簡体字では云吞とも書くようで、その読み方は「こんとん」または「こんどん」。いわゆるワンタンのこと。っていうか読み方わかんねぇってばよ。。。

 

ここ、高雄ではゆっくり観光できず弾丸ツアーになるのがわかっていたので、小籠包(ショウロンポウ)やら麺類やらの高雄グルメをじっくり調べて行かなかったのがそもそもダメダメでございました。

現地でガイドブック開いて、ここでいいんじゃね?的にお店に直行。

そのせいで、餛飩っていうのが何なのか知らない状態でお店に行ってしまい、有名なワンタンを食べずに終わるっていうオチが待っていました^^;

 

「台湾といえば小籠包(ショウロンポウ)を連想してしまうんですが、このワンタンも是非食べて帰っていただきたい一品なんです!」

とか言いたかったけど言えねぇ。。

スポンサードリンク

ここは宿泊していたチェンチュンホテルのすぐ近くだったのでチョイスしました。MRT塩テイ埔駅の近くで便はいいです。だがしかし・・・

スマホのナビを頼りに行きましたがピンポイントで誘導されず、あちこちをウロウロ。有名店でいつでも行列ができているっていうことが本に書いてあったので、行列を目印にしても見つからず。

人気の店だから大通りにあるっていう先入観も悪い方に災いして、かなり難航しました。。

 

お店はファッション店やオフィスビルの間の細い細い路地裏にあったので、相当わかりにくかったです。行列もできていましたが、路地裏ゆえにそれも見えなかったので迷いました。

 

わかりにくい細い道を入っていくと、やっぱり中途半端な時間でしたが大勢いらっしゃいました。店の前でもテーブルとイスがならべられていて、家族さんがおいしそうな麺類とかをすすっておりました。

IMG_6815

 

お店の前から店員さんが大きな声で小籠包やらワンタンを皮で包み、どデカイ鍋で麺をゆでる活気のある姿が印象的。蒸しあがった小籠包やブワッと立ち上る湯気がいい雰囲気です。

 

お店は1階と2階ですが、下のフロアは調理場もかねているので若干狭かった記憶があります。私は2階に通されて着席しました。

syouronpou

 

日本人観光客もちらほらいらっしゃいましたが、日本語は通用せず。若いおねーちゃんだったので英語もアウト。

でも、注文は伝票に自ら記入するので、そんなに問題はなかったです。事前の下調べもちょっとあったし、漢字で書いてあるので雰囲気でわかったりします。スマホのワイファイつなげていたので、翻訳アプリ使えば問題ないかなぁと。

 

ワンタン麺と小籠包のお味はシンプル!

こちらはワンタンとお肉、ザーサイの具沢山の麺類。

P1060325

こちらは美味しいっていうか、激薄でほとんど味がしなかったです。。。どうやら自分で調味料を混ぜて整えるっていう流れが台湾にはあるようで。あるのか?教えてえらい人!

 

中太のストレート。小麦くささや雑味は一切ない印象。

P1060323

 

こちらはアツアツ、プリプリの小籠包のご登場。

P1060327

 

初日に食べた杭州小籠湯包よりも生地も厚めで大きいです。

小籠包

 

写真からもわかりそうですが、プリッとしているというよりは肉まんあんまんの生地に近い食感。んで、中のスープがブワッとでてくるというよりは、にじみ出てくるというお汁の量です。ダシ自体はすごく風味豊かでしたが、やっぱりこちらもくどさはなくて薄味。^^

IMG_6818

 

金温州餛飩大王の店舗情報とメニュー

  • 参考サイト:食べログ(台湾)下記の画像も参考にさせてもらいました
  • 営業時間/定休日:月~金14:00~21:00・土・日・祝 11:30~21:00/無休
  • 住所/アクセス:高雄市鹽埕區新樂街163巷1號

彰化銀行横の路地(新樂街)を少しだけ北西へ、左手の路地裏的な通路を入る。

 

●金温州餛飩大王のメニュー伝票

あああ

湯麺はラーメン、乾麺は汁なし麺、餛飩湯はワンタン麺になります。漢字を見ればなんとなくわかりますよね。

 

台湾は有名なグルメスポットや観光地だけじゃなくって、地元民の方しか行かないローカルなところも面白いのでいろいろ探ってみるのをお勧めします!

まだまだ続きますよ!

台湾旅行のもくじページはこちら

スポンサードリンク

もっと関連記事を読んじゃう

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ