福岡と大阪の旅人急増!ピーチで関西国際空港から石垣まで3980円で行った話と空港に泊まった話

スポンサードリンク

韓国と沖縄の旅を終えて、できる限り安く旅行に行けるようにいろいろ探したり、旅行・航空会社に登録したりしていたこの1ヶ月。なかでもびっくりしたのが関空から新石垣島空港[大阪→沖縄]まで行く安さです

11月末は格安航空会社のピーチがキャンペーンをやっていて3980円で行き来できました!現在は元に戻っていますが、それでも6190円と名古屋から東京に行くよりも安いです。

スポンサードリンク

 

そうだ!今日、どっかへ行こう!時間に余裕があるなら近場といわず遠方へ出かけよう

peach-kakuyasukoukuuken

退職して旅人になっていまして、韓国と沖縄で1ヶ月ほど放浪していました。中でも際立って気になったのが、九州・関西人、特に大阪の方と福岡の旅人が多いこと多いこと!

韓国では福岡の若い女性、石垣島では福岡・大阪の旅行者や旅人に出会い、刺激を受けてさらには友達になって帰ってきました。

まぁ、札幌、仙台、松山、宮崎空港にも離発着してますので、たまたま偶然その地域の人に出会ったっていう話かもしれませんが、確実にバックパッカー・旅行者は増えていますね

 

何でその地域の人が多いのか?

 

格安航空の離発着空港がある土地だからでした。
いいなー、名古屋から出て欲しいけど、どうも空港使用料が高かったりでまだ無理っぽい。

 

 

関西空港からの始発便の問題点と遠方に住む人の切実な希望

WS036

ピーチで格安航空券を予約したとしても、出発便が7時5分。

ピーチの国内線は自動チェックイン機で30~90分前((関空発の始発は5:30分~出発25分前)までにしておかなければならないので、最低でも朝の6時半には関空から10分程度バスでかかる、第2ターミナルに到着しておかなければならなりません。

あくまで最低で、なので余裕をもってもうちょっと早く着きたいって方が多いので、到着は5時30分~6時には到着しておくのがベスト
出発時刻が迫ると受託手荷物を預けるのと、保安検査が込み合いますしね。

 

 

しかし!これじゃあ愛知県じゃなくても、関西圏のかた東海三県の方など、ちょっと遠方に住んでいる人はこ出発に間に合わないのは確実。
高速バスとかも考えたけど、関空直行はなくて、6時行こうになんばとか大阪駅に到着予定っていう感じでこれもアウト!浜田ぁ~あうと~~!なわけで。

これに間に合わせるのに前日入りしてホテルを予約するなんてことは、格安で航空券をゲットしたのに本末転倒になるわけです。だから、多くの方が関西国際空港のロビーで宿泊するわけですよね。

 

難しいんやろうけども、中部国際空港(セントレア)から出航するとか、便をもうちょっと遅めにするとか、鉄道会社ともっと連携するとかで、この辺をもうちょっとどうにかして欲しいかなぁ、というのが市民の希望です。(私一人の意見じゃないことを強調w)

 

関空で実際に泊まって、寝泊りする場所の確保と時間をつぶす方法を考えてみた

関西国際空港構内図

そんなわけで、私は関空に前日入りして関空に宿泊。発の空港に野宿だったので、ちょっとドキドキしましたがゴールデンウイークなどのハイシーズンでもないのに、結構たくさんいらっしゃってちょっと安心しました。

実際の感想としては以下だ。

  • 関空は広く、ベンチがたくさんあるので数百人でも寝泊りできる
  • 第1ターミナルの2階がベンチがたくさんあり、主な休憩場所・寝るところになる
  • その2階は交番、コンビニ、24時間営業マクドがあるし、保安員が声をかけてくれたりしたので安心して寝られる
  • 案内所で毛布の貸し出しをしてくれる
  • 1階や4階にも若干ベンチがあって、人の目が気になる方はそちらをどうぞ
  • ラウンジを利用すれば、本も読めるし時間をつぶせる
  • マクドナルドが24時間営業で助かったホッとして泣けた。。・゚・(ノд`)・゚・。

私は第1ターミナル1~4階で居心地がいいところを探してうろうろしていましたが、最終的には2階の交番からちょっと離れたところにしました。SFJやANAの前あたりです。

理由としては、交番前はコンビニの光が明るく人の出入りが気にからなんですが、ちょっと離れたところでも変な人もいなかったですし、ガードマンさんが一生懸命に仕事をされていて安心したからでございます。トイレもコンビにも程よく近いので、利便性と静かさは一番いいところかもです^^

時間をつぶすのは、もはや本かスマホのゲームで問題ないだろう。充電器や携帯用バッテリーは準備して行こう。ちなみに交番前のベンチ、その近くの案内所前のたくさんあるベンチは争奪戦ですよ。

スポンサードリンク

もっと関連記事を読んじゃう

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ