中華料理『金猴(じんほう)』は餃子210円、ビール280円!定食メニュー豊富でランチでお腹一杯![津市]

スポンサードリンク

中華料理はもっぱら餃子の王将で簡単に済ませしまっていましたが、本来1番好きな料理が中華なので、たまにはチェーン店以外も開拓しよう!ってことで行って参りました。

 

その名も『金猴(ジンホウ)』と申しまして、ちょっとしたポイントとしては嫌いな方が多いピータンも旨いwっていうお店。

 

ここは個人的にはお気に入り。その理由はこんな所。

  • 単品、サイドメニュー、定食など品数が豊富
  • お酒も安い(タイムサービスあり)
  • 定食やコースも多くて歓送迎会等に使える

 

 

場所は津新町駅からちょっと離れたところのちょっと入り込んだ場所にひっそりと店を構えているので、津市民や近隣の方もあまり知らない方も多いかと思います。

IMG_1031

 

その店の中は座敷にテーブルが10席程度とカウンター席。

以前も飲食店、確か洋食屋さんだった気がしますが、その名残はあまり感じさせません。

IMG_1033

 

IMG_1046IMG_1047

 

フカヒレの姿煮とかあんかけラーメンとか角煮ラーメンとか表には載っていないのもあるので、お客さん要チェックやでぇぇ。

トマトラーメンって気になる・・・・・・(^¬^)じゅる…

IMG_1048

 

 

ひとまず、ビールとおつまみで軽く1杯飲みますよ。

餃子はなんと210円、王将かよ!ミ(ノ_ _)ノ ドテッて言いたくなる安さ。焼き目も程よくこんがりしていて良い具合で酒が進みます。

IMG_1057

 

最近はご飯ものを食べていないので、天津飯を注文。スープ付きで胃にもやさしいです。スープは胃の蠕動運動(ぜんどううんどう)を促すので、先の飲んでくださいよ。食前スープはそのためにあるんですよって豆知識を貰いしておきます。

IMG_1059

 

やばいな、この曲線を描くタマゴの生地の流れとあんの輝き。

IMG_1060

スポンサードリンク

うん、タマゴは想像通りGODと呼べるほど上質に調理された焼き具合。中華鍋からの挙げるタイミングはプロ級だ。 いや、プロですよね。

IMG_1062

だがしかし、ちょっと中華の風味が少なく、醤油の辛さがシャープに口に広がってしまうので、残念ながら惜しい。もう少し、だしの風味を強く、辛さをおさえた方が間違いなく美味しい。

 

 

チャーハンを頼もうと思っていたら、何だか食欲をそそるようなカレーチャーハンなるものを発見してしまい浮気をしてしまいました。

IMG_1063

うむ、美味しいけど中華風味がカレー粉で消されていてドライカレー風。コレは好みかな~っていうのが個人的な感想です。子供は喜ぶ味でしょうな、奥さん。

 

 

こちらがピータン豆腐(450円)というもので、ピータンに豆腐とキュウリで和えてある。

IMG_1054

 

食べやすいここのピータンをサッパリとした食材であわせることで、更に食べやすい。これは酒飲みのたべものですなぁ。

IMG_1055

 

 

●前回注文の品々

ちなみにこちらが普通のピータン、なんと300円!(@前回の訪問時撮影)サラリーマンのお財布でも10皿くらい余裕でいけますね。

IMG_3103

 

こちらも前回食べた焼き豚。

ビールを飲まずにいられないなぁ、これは。

IMG_3101

こちらは名前忘れたwごめんなさい。でも、お酒が進みます。

IMG_3104

 

お酒が進みますしか書いていませんが、ここでご飯を食べるときは昼間からビール飲んでいるのでこのチョイスになってしまっております。

 

ジンホウのお店情報とメニュー表

 

メニューは以下のようにサイドメニューからサラダなどの前菜、一品料理からコース料理まで豊富。麺類やご飯モノも15~20種類、デザートもたくさんあるので老若男女いけるでしょう。

個人的にはコマ焼きが男性好みの濃くてガッツリ系でうまいです。定食は並みに食べる男性なら極めてお腹一杯になる量です。

IMG_1035

IMG_1037

IMG_1038

IMG_1039

IMG_1040

IMG_1042

IMG_1043

IMG_1044

IMG_1045

 

全面喫煙できるのが注意したい所です。お子さんとか気になる方は考えてから行きましょう。このへんがネットでバッシング的に書かれていましたが、そんなものはお門違い。最初に確認してはいればよろしいだけかと思います。

 

ごちそうさまでした!また飲みに行きたいなー。

新町界隈も穴場が多くなってきて嬉しいなぁ^^

スポンサードリンク

もっと関連記事を読んじゃう

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ