DOPPELGANGER 202 blackmaxを買いましたので定番の開封の儀!からの~簡単組み立て!

スポンサードリンク

DOPPELGANGER製品はどれも軽量で、デザインや価格を考慮すると選ぶのに悩みに悩んで苦労しましたが、結果的に大満足のショッピングができました。

まだまだ近所のスーパーや公園までのちょいのりしかしていないですが、ギアの切り替えもスムーズ。乗り心地もいいです。

ポタリングを考えていますが、最近は電車移動も多くなってきているので、駅まで・駅からの足となってくれて機動性も格段に上がるでしょう。

 

ポタリングでも、キャンプのお供に~と、本格的にお出かけするのが楽しみでございます。

[折りたたみ自転車の選び方]
blackmax …
折りたたみ自転車を選ぶ時のポイント!

ドッペルギャンガー202ブラックマックスを買いました!

 

スポンサードリンク

 

ドッペルギャンガー202ブラックマックスの製品仕様

  • 全長:1480 mm
  • 折りたたみ寸法:800 × 640 × 360 mm※ペダルは含まず
  • 重量:12.1 kg
  • サドル高:670 – 895 mm
  • ハンドル高:1000 – 1080 mm
  • ハンドル幅:570 mm
  • タイヤサイズ:20 × 1.5 inch
  • フレームカラー:[ツートンカラー]Jet Black(ジェットブラック)×Flash Orange(フラッシュオレンジ)
  • フレーム材質:アルミニウム
  • フロントフォーク材質:スチール
  • 変速機:シマノ7段変速
  • ペダル:固定式ペダルVP-990A
  • シフトレバー:シマノグリップシフター右:7段
  • フリーホイール:MIN:14T × MAX:28T
  • チェーンホイール:52
  • ブレーキ: 前後:Vブレーキ

公式サイトより引用。その他の詳しい仕様もサイトをご覧ください。

 

まずは子供が目を輝かすかのように、我、開封也!

梱包ダンボールでか!

07%20-%2014

 

うっほぉ~~!

梱包のダンボールはかなり大きかったですが、あけてみると結構スマートな感じでございます。

07%20-%2011

 

箱から出してみました。うきうき。

DOPPELGANGER 202 blackmax

 

やっぱ、新しいものを出すときってうきうきが止まらないなー。

きぃれ~~^^梱包を剥いでいくのドキドキする。

DOPPELGANGER 202 blackmaxタイヤ

自分の駄目な性格として、新しいものを買うとき・あける時はドキドキするんですが、汚したくなくて使いたくなくなるっていう。。が、使い倒すぞ。

 

本体以外に、取り扱い説明書、オプション商品のチラシ、簡易ヘッドライト、必要な工具などが入っていました。ペダルは片方だけ外れた状態で梱包されていました。

IMG_5536

外れた状態かはわかりませんが、まあ気にしない。取説に片方、または両方取り付けられた状態のものがありますって書いてありました。

 

折りたたみ自転車を組み立てるのに説明書は不要なくらいでしたが、若干不親切なところとかがあったのでちょっとメモしておきます。

 

余分なダンボールやビニール、結束帯を取り払うと相棒の折りたたみ自転車ドッペルギャンガー君202 blackmaxが現れてくれましたよ!!

うお~~!(・∀・)カコイイ!!

DOPPELGANGER

 

多端である状態、斜めから見てもカッコイイ(・∀・)!!

ピカピカじゃん!@当たり前

P1050089

 

反対の斜後から見た姿も(・∀・)カコイイ!! パチパチやでぇ

P1050090

 

上から見るとこんな感じ。

ブラックな自分に相応しい黒い相棒!スタイリッシュでコンパクトな折りたたみ自転車でございます!

DOPPELGANGER 202 blackmax上から見たところ

 

 

早速、組み立ててみますよ。

まずはドーンと開いて、自転車を立てなくてはいけませんが、組み立てる上でここが不親切かと思いました。

たぶん他の製品と共通の取説だったためか、ちゃーんと掲載されていなかったんですが、真ん中のフレームジョイント部分。

真ん中のフレームジョイント部分を固定する際の、レバーがハマラナイ!カチって言わないよ!って、ちょっとだけつまりました。

折りたたみ自転車フレーム連結

 

グイグイやっても組み立てられない、奥に入っていかないって思ったのですが、下記のようにレバーを上に押しながら、前後のフレームを合わせるようにするとカチャっとはまります。

折りたたみ自転車フレーム連結の方法

 

これをしっかりはめてから、レバーを倒して固く締め付けます。

締め付けが硬すぎて最後まで倒せない時は、いったん元に戻して時計と反対周りに締め付けを緩めてから、再び倒しましょう。微調整はレバーの反対の調整ナットを時計回りに回して微調整を。(下記のハンドルレバーの画像を参照。これと同じです。)

(`・ω・´)シャキーン━━━!! これで固定。

P1050098

 

次はハンドル部分とです。コレは簡単ですね。

ハンドル部分を起こして

P1050099

 

ステムジョイントっていう、コレをしっかりと回して閉めるだけです。

P1050101

 

ハンドルの高さ調整は、上のフレームジョイントの時と同様に、レバーと反対側のナットを少しゆるめに締めた後でレバーを倒します。

折りたたみ自転車レバー

 

サドルの高さも同じで、ナット部分を緩めに占めてからレバーを倒せばd(ゝc_,・。)OKです♪

P1050103

 

いずれもレバー部分を固くなるまで締め付けると固すぎて倒れません。力任せにやると破損の可能性もあるので、注意しましょう。

 

これまた説明書に書いていなかったのが、簡易ライトの取り付け

折りたたみ自転車に詳しくない上に、こんなライトってどうやってつける?って話でググりました。調べたキーワードが悪かったのか、なかなかでてこなかったんですが、やっとわかりますたよ。

下の線上になった輪っかの部分を

IMG_5565

ハンドルにかませて、ライト本体にひっかけるわけですね。すげー賢い。

折りたたみ自転車の簡易ライトのつけ方

 

基本的にこれで完成!!!

自転車を運転することができます~~☆-(ノ゚∀゚)八(゚ω゚ )ノ

 

横から見たところ。ここで気が付いた、サドル低すぎw

DOPPELGANGER 202 blackmax

反対からも。

ブラックにタイヤ、サドル、チューブやナットキャップのオレンジのアクセントが素敵です^^

DOPPELGANGER 202 blackmax横から画像

 

こちらは正面。小さいけど刷掃と走っている姿が想像できます~。

DOPPELGANGER 202 blackmax前から画像

 

こちらは後方やや上から。

DOPPELGANGER 202 blackmax後

P1050120

 

購入条件にはデザインをあんまり入れていなかったのですが、このクールなデザインも相当気に入りました。中央のフレームの曲線が美しい。

フレーム曲線

 

近くで見るとしぶいー。

もう一回言わせて。

オレンジのアクセントが素敵!

フレーム曲線美(*´д`*)ハァハァ

 

流星のサドル。

P1050135

 

P1050112

まぁ~っくす!X

P1050114

まぁ~っくす!XX

P1050115

まぁ~っくす!XXX

P1050116

 

これにて、完成でございます!

DOPPELGANGER 202 blackmax完成画像

 

DOPPELGANGER 202 blackmaxまとめ

やっぱり、ナットキャップやホイール、サドルのオレンジ色がアクセントになっていて、お洒落で気に入りました。ドッペルの中でも1,2を争う人気機種っていうのは納得。

これからバシバシサイクリングサイクリング(*´Å`)ノ ヤポー♪(*´Å`)ノ ヤポーします~♪

ちなみに、同梱されているベルトにて二つ折れになった本体を固定します。これでキャリーバッグがあれば持ち運びも完璧です~~。

スポンサードリンク

もっと関連記事を読んじゃう

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ